超激戦区! コンパクトSUVではどれが人気!? C-HR/ジムニーシエラ/CX-30/新型ジューク【みんなの声】

  • 筆者: MOTA編集部

超アツいSUV市場! 激戦区コンパクトSUVではどの車種が人気!?

依然としてアツいSUVというジャンルでは“世界戦略車”として各社が魅力的なクルマを投入しています。今回は激戦区Cセグメント(日本でいえば5ナンバーの規格に近いもの)以下のSUVの中でどれが人気なのか、アンケート調査を行いました。

■超個性的! C-HR/ジムニーシエラ/CX-30/新型ジュークの内外装を画像で比較!

Twitterはアンケート機能が最大4択のため車種は悩みましたが、販売台数も多くデザインが個性的な「トヨタC-HR」、本格クロカンで納車1年待ちとも言われている人気の「スズキ ジムニーシエラ」、“売れそう”と期待度の高い新型「マツダ CX-30」、そしてデザイン・機能を一新して9年ぶりのフルモデルチェンジで登場した日本発売未定の「日産 新型ジューク」の4車種としました。

そこで今回は「みんなが欲しい“コンパクトSUV”はどれ?」という質問で、MOTAのTwitterフォロワーの皆さんにアンケートを実施しました。

Q.みんなが欲しい「コンパクトSUV」はどれ!?

■トヨタ C-HR:16%

■マツダ CX-30:29%

■スズキ ジムニーシエラ:35%

■日産 新型ジューク(日本未発売):20%

(投票数:382票)

投票いただいたTwitterの皆様、ご協力ありがとうございました。

それでは皆さんの意見を見てみましょう。

皆さんの声

■5ナンバー枠内のSUVが欲しいが、ジムニーシエラは軽ボディにオーバーフェンダーを付けただけ。そうなるとやっぱりカッコいいジュークかなぁ・・・。(バイオレットさん 日産ファンの方)

■消去法でジムニーシエラ。他は見た目だけSUV。(JAL SSさん)

■運転して楽しいのはジムニーシエラ(SUVとしてじゃなくクロカンとして最高)なのでシエラに1票。あとの車種は街乗りの延長というイメージ。それで良いという人が多いんでしょうけどね。SUVとして乗ってみたいのはジューク。1000ccの6MTは楽しそうで乗ってみたい。eーPOWERは悩む。(とーいしょんさん)

■ジムニーシエラはこの中では色が濃すぎるとおもうのですが・・・。エクリプスクロスはないのでしょうか!笑(くろちゃんさん エクリプスクロス ガチ勢の方)

アンケート調査を終えて

アンケート結果、スズキ ジムニーシエラが1位で、回答者の35%が投票という結果になりましたね。

この4車種の中では、ラダーフレーム構造で本格的にオフロードが走れるジムニー シエラは異質な存在でしたね。

本格クロカンゆえに他の車種と比べればオンロードでの快適性は高くはなく、ボディサイズの小ささゆえに荷室も大きいほうではなく、使い勝手という面でも優れているというわけではありません。それでも、小さく個性的なデザインや悪路をものともしない走破性の高さなどからも、はじめてSUVを購入する人からクロカン本格派まで幅広いユーザーに人気ですよね。

次に人気だったのはマツダのCX-30。「後席やラゲッジも重要視し、ファミリー需要を狙った」とマツダは語っていましたが、そのコンセプトどおり日本でもマッチするボディサイズやシート形状、大きく確保されたラゲッジルームなど使い勝手を重視しています。またMAZDA3のように好き嫌いが分かれそうなアヴァンギャルドさは無く、幅広いユーザーに支持されそうなデザインとなっているのも“売れそう”なポイントではないでしょうか。アンケートでも欲しい人が多いのは頷けますね。

ちなみに、2019年上半期の新車販売台数では14位ホンダ ヴェゼル、15位トヨタ C-HRとコンパクトSUVの中ではヴェゼルとC-HRが売れたようです。2018年下半期まではC-HRのほうが売れており1万台以上差をつけていたのですが、ここにきてヴェゼルが逆転しました。

ヴェゼルのほうが先発で息の長いモデルですが、CX-30もそのような売れ方をするのではないでしょうか。

3番手は日産 新型ジューク。2019年9月にフルモデルチェンジした新型ジュークを欧州各地での日産独自イベントで発表しましたが、日本でのデビューについては言及されておりません。欧州仕様では1リッター3気筒ガソリン直噴ターボエンジンを搭載するようですが、ハイブリッド技術「e-POWER」も搭載したら面白そうですよね。そういった期待感からも欲しいという人が20%もいたのではないでしょうか。

人気が続く市場なので、今後も各社は新たなSUVを送り出してくるはずです。2019年の東京モーターショーでは新型車が発表されるかもしれませんし、ますます楽しみなジャンルではないでしょうか!

[筆者:MOTA編集部]

【毎週火曜日・土曜日は、クルマにまつわる質問を調査する連載「みんなの声」をお届け! 次回もお楽しみに】

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

スズキ ジムニーシエラの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ジムニーシエラのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ジムニーシエラの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ジムニーシエラの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ジムニーシエラのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる