autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル インプレッサXV 試乗レポート

試乗レポート 2010/9/13 17:52

スバル インプレッサXV 試乗レポート(1/2)

関連: スバル インプレッサXV Text: 森口 将之 Photo: オートックワン編集部
スバル インプレッサXV 試乗レポート

スバルのクロスオーバー作りはサジ加減が絶妙

インプレッサXV

スバルは、クロスオーバービークルのパイオニアといっていいブランドだ。

 現在のレガシィ・アウトバックのルーツである「グランドワゴン」が追加されたのは、いまから15年も前の1995年。しかも、レガシィ登場以前にスバルの主力車種であったレオーネには、車高を上げて悪路走破性も考慮された4WDモデルが、1972年から存在していた。

インプレッサも過去にクロスオーバーを設定したことがある。レガシィ・グランドワゴンと同じ1995年、初代インプレッサスポーツワゴンに、フロントグリルガードや背面スペアタイヤを装備した「グラベルEX」があったのだ。グラベルEXは、2年後に発表されたフォレスターのルーツといわれている。

こうした豊富なクロスオーバー経験が、今年6月に発表されたインプレッサXVにも息づいていると、試乗を終えた今感じている。

クロスオーバーというと、ベース車より車高を上げ、大径タイヤを履いた姿を連想する。ところがXVの最低地上高155mmはハッチバックと同じ。205/55R16のタイヤサイズもインプレッサハッチバックの2リッターモデルと共通なのである。

インプレッサXV

しかしブラックアウトしたオーバーフェンダーとルーフレール、シルバー仕上げのフロントグリル、台形基調のフロントバンパー、リアウィンドウを囲むようなスポイラーのおかげで、インプレッサハッチバックとの印象はかなり異なる。

オーバーフェンダー装着に合わせて、トレッドをハッチバックより広げるなど、きめ細かい最適化を図っていることも見逃せない。

時代の流れとともに、クロスオーバーの嗜好性も変わってきた。昔はオフロードを走れることが必須だったが、現在はセンスのいいアウトドアファッションをまとうことが最重要課題になっている。

長年クロスオーバーを手がけてきたスバルは、こうしたトレンドの変化を知り尽くしている。

だから車高を上げず、デザインで差別化を図るという割り切りができたのだろう。クロスオーバー作りのサジ加減が絶妙なのである。

インプレッサXVインプレッサXVインプレッサXVインプレッサXVインプレッサXV

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

スバル インプレッサXV の関連編集記事

スバル インプレッサXVの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサXV の関連編集記事をもっと見る

スバル インプレッサXV の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR