autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京オートサロン2017 メタリック塗装が美しい・・が市販化は不可能!?スバル BRZ STIスポーツコンセプト【TAS2017】

チューニング・ドレスアップの総合展示会、東京オートサロン2017 特設ページ

チューニング・ドレスアップの総合展示会、東京オートサロン2017 特設ページ
モーターショー 2017/1/16 18:19

メタリック塗装が美しい・・が市販化は不可能!?スバル BRZ STIスポーツコンセプト【TAS2017】

メタリック塗装が美しい・・が市販化は不可能!?スバル BRZ STIスポーツコンセプト【TAS2017】

カタログモデルのレヴォーグ、オートサロンにはWRX S4で出展されたことからも分かるように、スバルとSTIはライトなSTIチューンという位置付けのSTIスポーツをイチオシにしているのか、BRZのSTIスポーツもコンセプトモデル「BRZ STIスポーツコンセプト」という形で出展された。

スバル BRZ STI スポーツコンセプト

BRZのラインナップで最上級となるGTをベースとした「BRZ STIスポーツコンセプト」も、チューニング内容は基本的にはレヴォーグやWRX S4のSTIスポーツコンセプトに準じており、車高は変えない専用サスペンションやボルドーのインテリアが目を引く。

スバル BRZ STI スポーツコンセプト
スバル BRZ STI スポーツコンセプトスバル BRZ STI スポーツコンセプト

しかし、ダンパーはビルシュタインのダンプトロニックをフロントに使う(リアは通常の構造のビルシュタイン)レヴォーグやWRX S4のSTIスポーツに対し、BRZはザックス製ダンパーを使い、タイヤサイズを18インチに拡大した機能面に加え、インテリアもスポーツカーということで滑りにくいシート表皮を使う必要があることなどから、ボルドー色の部分をレヴォーグやWRX S4に比べると控えめにするなど、車種に合わせたコーディネイトを行っている点は芸が細かいというか、なかなか興味深い。

ちなみにWRX S4とBRZのSTIスポーツコンセプトの「オーシャンシルバーメタリック」と呼ばれる外装色は、なんと五層という手の込んだ塗装で、「この外装色の市販化はまず不可能」とのことだった。

市販化の可能性に関してはこちらも「ショーの反響次第」というが、BRZは年齢層の高いユーザーも少なくないことも考えると、市販化されればそれなりの需要はあるのではないだろうか。

筆者: 永田 恵一

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

スバル BRZ の関連編集記事

スバル BRZの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル BRZ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
東京オートサロン2017 美女図鑑
編集企画(パーツ・用品)PR