交換を怠ると事故の原因にも! ワイパーゴム・ブレードの交換タイミングはいつ?

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
先日、ガソリンスタンドの店員さんから「ワイパー交換が必要かもしれません、交換されますか?」と聞かれ、まだ使えているし大丈夫だろうと断りました。しかし、交換が必要なのかもと後から不安になってきました。

そんなことから、今回はワイパー交換の目安となる時期や交換のサインについて調べてみました。実はワイパー交換を怠ると、ガラスに大きな傷がついてしまったり、大雨の際に視界不良となって事故につながる危険性もあるようです。

ちなみに筆者のクルマのワイパーゴムは劣化しており早急に交換が必要でした。

ワイパーゴムを交換しないとどうなる?

ワイパーの主な役割は、雨天などの悪天候時にウインドウに付着した雨滴や汚れを取り除き、視界を確保することです。

そのワイパーは、ワイパーアーム、ワイパーゴム、ワイパーゴムを支えるワイパーブレードで構成されています。

要となるワイパーゴムは紫外線や熱の影響を受け、時間の経過とともに劣化が進みます。すると、拭き取りムラが発生してしまい、雨滴をきれいに取り除けなくなるなど、良好な視界が確保できなくなります。

このようにワイパーゴムの交換を疎かにしていると、視界不良で事故にも繋がる恐れもあります。雨や雪によりワイパーの使用頻度の多い日本では、ワイパーのメンテナンスは重要です。

要交換の症状

ワイパーは、以下のいずれかの症状が出たらすぐに交換しましょう。

・ワイパー作動時にスジ状の線がでる「拭きスジ」が見られる

・拭き取りムラやニジミなど「拭き残し」が見らえる

・雨の日や、ウォッシャー液を噴霧して作動させた時にビリビリと異音がするようになった

・ワイパーのゴム先端が切れている

これらは主にゴムの劣化が原因。しかし、時間経過や紫外線の影響によって少しずつ劣化していきますので、判断が難しいのです。そのため劣化具合で交換時期を判断するのではなく、定期的な交換が安心につながります。

ワイパーゴムは1年に1回の交換を推奨

ほとんどの製造メーカーで「1年に1回の点検・交換」が推奨されています。

まだ拭きスジ・残しが出ていない、ワイパーゴムが切れたりしていない場合でも、1年に1度は交換することで、手遅れにならず安心につながります。

ウインドウに付着した油膜によって劣化が早く進んでしまった、使用頻度が多いなど、使用状況によってはもっと早いタイミングでの交換が必要となることもありますので、あくまで目安としてください。

またワイパーブレードも2~3年のサイクルで交換が望ましいとのこと。ブレードも劣化や変形がおこると、ワイパーゴムの性能を発揮できなくなります。ワイパーゴムを交換したにもかかわらず、上記の症状が出た場合はワイパーブレードにも注目してみてください。

安全装備を正しく作動させるためにも、重要なワイパー点検

衝突被害軽減ブレーキなどを目的としてウインドウの内側にセンサーカメラを設置するモデルも増えてきました。

ワイパーゴムの劣化が発生してしまうと、拭きスジ・残しが邪魔となり、正確に画像を取り込むことができなくなることも考えられます。安全装備を正しく作動させるためにも、ワイパーゴムの交換はとても重要です。

雨の日の視界の確保に大切なワイパー。しばらくチェックしていない人は、これを機にワイパーゴム・ブレードの状態を確認してみてくださいね。プロでなくても交換可能ですし、カー用品店・ガソリンスタンドでも短時間で交換してくれますよ。

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 雲風々
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる