チャイルドシート、ジュニアシートは何歳まで必要?

  • 筆者: 永田 トモオ

「ちょっとそこまで」でもチャイルドシートはマスト!

子供って、本当にクルマに乗るのが大好きだ。運転する方もそれだけ乗せる甲斐があるのだけど、ほんの幼児から好奇心旺盛なイタズラ小僧まで、子供をクルマに乗せるときは意外に気をつかうことが多い。

その代表的なものといえば、やはりチャイルドシート。子供のいるドライバーなら、まずほとんどの人が、チャイルドシートの装着や積み下ろしで苦労をしているに違いない。

>>万一の時に愛する子どもを守ってくれるのがチャイルド/ジュニアシート

若いファミリードライバーならご承知と思うが、小さな子供をクルマに乗せるなら、今やチャイルドシートの装着はマスト。2000年に改正された道路交通法で、6歳未満の子供を乗車させる場合は、チャイルドシートの使用が義務づけられている。今でも事故の報道で、親が子供を膝に乗せていたという話を聞くことがあるが、どんな短い距離でもそれは違反だ。違反をどうこういう前に、子供への気遣いが足らなすぎると思う。

チャイルドシートの普及は2000年が境目で、その前年くらいからチャイルドシートの市場が拡大し、シートのデザインやバリエーションも急速に増えていった。

2000年代に入ると、現在のチャイルドシートの一般的な固定方式、ISO-FIXの取り付け装置がクルマ側にも装備されるようになり、さらに普及が進んだのだった。それまでは、チャイルドシートの装着はシートベルトによる固定が主で、シートをしっかり動かないように締め込むのがひと苦労だった。

赤ちゃんと子供で異なるシート

さて、シートに話を戻そう。

ひとことに6歳未満といっても、新生児から小学生まで、子供の体格は劇的に変わるものだ。だから、これは法律で決まっているわけではないが、子供それぞれの身長や体重に合わせて、何種類かのチャイルドシートが必要になってくる。

最初に必要なのは、当然ながら新生児が使えるタイプ。まだ首が据わっていないから、シートはベビーベッドのようにも使えるデザインで、衝突時の衝撃を考えた後ろ向き装着が望ましい。そして、1歳を過ぎれば体がしっかりしてくるので、座って使う前向き装着タイプも選べるようになる。

つまり、6歳になるまでは、最低でもこの2種類のチャイルドシートが必要ということになるのだ。もし、使っているうちに子供の成長に合わなくなった場合には、もう一脚必要になるかもしれない。知り合いが、最初の一年は借りたもので過ごしたと話していたのを思い出すが、子供はそれぞれ成長のしかたが違うから、できればいつもおニューでピッタリのチャイルドシートを選んでやりたいものだ。

(編集部注:新生児から幼児まで使用可能な前向き/後ろ向きを切り替えられるモデルもあります)

年齢ではなく体格で判断しよう

ところで、チャイルドシートは、必ずしも6歳で不要になるものではない。これも法律で決まっているわけではないが、成長の度合いによっては、6歳を過ぎてもチャイルドシートが必要になることがある。

問題なのは身長だ。自動車のシートベルトは、大体140cm以上の身長を目安として作られている。それ以下の身長では、衝突時に肩のベルトが喉にかかったり、腰のベルトが腹部を締めつけたりする可能性があるから、座面を上げてやる必要がある。そこで用意されたのが、ジュニアシートなどと呼ばれる学童用のチャイルドシートだ。もうすぐ背が伸びるなどと、クッションなんかでごまかしたりしないで、それまでのチャイルドシート同様に、子供の体に合ったものをしっかり選んでほしい。

[筆者:永田 トモオ]

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者永田 トモオ
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

自動車評論家コラムの最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事