ヘッドライトのトレンドはHIDからLEDへ

  • 筆者: 永田 トモオ
画像ギャラリーはこちら
一世を風靡したHIDヘッドライトだが、いまはあまり耳にすることがなくなった。消費電力が低く、制御しやすいLEDヘッドライトへと置き換わってきたのだ。しかしLEDにも実は欠点はある。
目次[閉じる]
  1. HIDヘッドライトが減ってきた理由は?
  2. カスタマイズシーンでもLED化の波が
  3. マイナス面もあるLEDヘッドライト

HIDヘッドライトが減ってきた理由は?

もうすぐHIDがLEDに置き換わる?

何のことかといえば、もちろんクルマのヘッドライトだ。

お気づきだろうか? ひと頃、夜道でずいぶんと幅を効かしていた、青白色のヘッドライトが明らかに減っていることを。青白色のヘッドライトといえばキセノン光、つまりHIDヘッドライト独特の輝きだ。それが、2015年の道路交通法の改正で、ヘッドライトの明るさや装着の基準が厳しくなり、明らかに青く見える白色ヘッドライト光は車検をパスできなくなったのだ。

>>LEDでデザインの自由度が向上[フォトギャラリー]

国産メーカーの純正HIDは、微妙に青みがある程度で概ね問題ないのだが、もろにハマったのが、一部のアフターマーケット製HIDの装着車だ。アフターマーケットでも純正と同等のHIDはあるのだが、純正にはない明るく青白いヘッドライト光が魅力だったわけで、そういったHIDを選んだユーザーが路線変更を迫られたわけだ。

そこで、ちょうどそのころ、実用性を高めてきたのがLEDヘッドライトだ。

世界で初めてLEDヘットライトを純正搭載したクルマは、2007年のレクサスLS。当時のLEDヘッドライトは、ハイテクの象徴的なアイテムで、コスト度外視で作られていた。それから十年以上を経て、生産技術は大幅に進歩して、今や新型車に純正搭載される高性能ヘッドライトは、HIDからLEDに切り替わりつつある。明るさの面では、まだHIDにアドバンテージがあるが、開発が進めばやがて差はなくなるはずだ。

カスタマイズシーンでもLED化の波が

アフターマーケットでも、LEDのヘットライトバルブが発売されていて、もうハロゲンバルブと同じだけのサイズバリエーションが揃っている。交換用LEDバルブは、補助装置をワンボディ化したコンパクトなもので、ハロゲンヘッドライトでも、バルブをただ差し替えるだけで、LEDヘットライトに変えられるのだから有り難い。

HIDバルブは、発光させるために、バラストのような大きな補助装置が必要だ。一方、LEDは機構自体がシンプルだから、システムもとても小さく作れ、LEDバルブも、簡単に取り付けられるようにキット化できた。今は、価格面ではHIDのキットとあまり変わらないが、取り付け工賃がかからないことを考えれば、ハロゲンヘッドライトのユーザーにはとても魅力的。消費電力もHIDよりさらに小さいし、価格がこなれてくればユーザーがLEDに流れるのは想像に難くない。

マイナス面もあるLEDヘッドライト

ただ、そんなLEDヘッドライトにも考えるべきポイントはある。

ひとつは、ヘッドライトの眩しさだ。

最近、LEDヘットライトの白色光が眩しいというハナシをよく耳にする。先にも書いたが、現状のLEDバルブはHIDバルブの明るさを超えてはいない。それでLEDヘットライトが眩しいというのも不思議な話だが、眩しさというのは感覚だ。LEDヘッドライトの明るさは、反射板やレンズの配光で補っている部分も少なくないから、あるいはそういった反射板やレンズの配光が、人にとって不自然に感じられる傾向が強いのかもしれない。その点も含めて、LEDヘッドライトは、まだ十分に洗練されているとはいえないだろう。

そしてもうひとつは、ヘッドライトの発熱量。北国のLED信号機が吹雪で雪まみれになっているニュースには驚いたが、そのくらいLEDの発熱量は小さい。だから、ハロゲンやHIDヘッドライトなら余裕で溶けていた雪も、LEDヘッドライトでは凍結に注意するような場面もあるに違いない。逆に考えると、バルブの熱でプラスチックレンズが焼けにくくもなるわけで、LEDヘットライトは、ちょっとだけシチュエーションを選ぶヘッドライトともいえそうだ。

[筆者:永田 トモオ]

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者永田 トモオ
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

自動車評論家コラムの最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事