轟音、衝撃波、そして身体を揺さぶる振動が強烈!|陸上自衛隊総合火力演習(1/3)

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MOTA編集部

令和初となる総合火力演習

陸上自衛隊が毎年実施している演習の中でも最大の規模となる『総合火力演習』(通称:総火演)が、東富士の畑岡演習場にて行われた。令和になって初めての総火演ということもあり、一般公開日となる8月25日(日)のチケットは多数の応募が寄せられ、かなりの高倍率になったという。

筆者は、一般公開に先駆け8月22日に行われた富士学校が主催する学校予行にて、総火演を始めて体験してきた。実弾を使っての演習、砲撃の音、衝撃波、そして振動は、いまだかつて経験したことのないレベル。ちょっとナメていた自分を恥じた。演習地手前に着弾したという設定の爆発では、スタンド全体が揺れるほど。上空で炸裂して頭上から降ってくる花火とはまったく違う音の伝わり方だった。

ド迫力! 戦車や装甲車の砲撃の瞬間を見る[フォトギャラリー]

総合火力演習(そうかえん)ってなに?

元々総火演は、陸上自衛隊富士学校の生徒が行う演習という位置づけだったそうだが、一般公開にあたり、広く自衛隊の活動を理解してもらおうという意味合いを強めている。内容としては、戦車や装甲戦闘車、自走式榴弾砲といった陸上自衛隊が使用している「装備品の紹介」と、それらの装備品を使い、設定されたシナリオに基づいて実弾/映像を交えながら演習を行うというものだ。

1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる