MOTAトップ 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム うおぉ、これどーすんの!? マニュアル車でリバースギアに入れるときの”特別な儀式” 3選

自動車評論家コラム 2019/8/9 10:00

うおぉ、これどーすんの!? マニュアル車でリバースギアに入れるときの”特別な儀式” 3選

スバル WRX STI タイプRA-R
ボルボ 新型XC60スバル WRX STI タイプRA-Rスバル WRX STI タイプRA-R3代目RX-7 本革巻 5MTシフトノブ画像ギャラリーはこちら

マニュアル車、すんなりとリバースギアに入れられる?

特定の車種が事故を起こすとSNSなどで「シフトの操作方法が特殊だから事故が起こる」という意見を目にすることがあるが、それはなにも2ペダル車に限った話ではない。70年代くらいまでの車両に存在していたコラムMTはメーカーによってギアの位置が異なり、手前の上が1速の車両もあれば、手前の下が1速の車両もあったのだ。

また、ツーリングカーなどのレースベースとして人気だった車種には「ローバック」と呼ばれるシフトパターンも存在していた。これはHパターンミッションのロー(1速)の位置にバック(後退)ギアが位置し、2速の位置が1速と位置がひとつずつズレて配置されているというもの。これは、レース中によく使う2速と3速のシフトチェンジを縦の動きにすることで、シフトスピードの向上やシフトミスの減少を狙ったものだった(今でもトラックなどでは使われているパターンでもある)。

と、このようにマニュアルでもシフトパターンに違いがあるワケで、これは最近のモデルにも当てはまる。それは後退するときに使用するリバースギア(バックギア)だ。

>>これは美しいシフトノブ…!! クリスタル仕様ほか世界のシフトノブを画像で見る(27枚)

リバースギアに入れるための特別な“儀式”

一昔前は5速マニュアルが主流だったため、リバースギアは右下が定位置だった(それでも違う場所に位置する変わったクルマもあったが)。しかし、最近では燃費の向上などの理由もあって多段ギアとなる6速マニュアルが増えてきたため、リバースギアの位置が車種によって異なるようになってきたのである。

そもそも最近のクルマであれば走行中にはリバースギアに入らないように作られているため、シフトミスが起きることはないのだが、停車中であれば話は別。そのため、車種によっては特別な“儀式”をしないとリバースギアに入れることができないものもあるのである。

1:シフトノブのリングを引き上げるタイプ

スバル系などに多く採用されているのが、シフトノブの下に備わるリングを引き上げながらでないとリバースギアに入らないタイプだ。知っている人ならば戸惑うこともないだろうが、知らない人から見ると、リングがシフトノブの加飾に見えてしまい、まさかこれがロック解除のリングだとは気づかない人も少なくないようだ。

2:シフトノブを押し込んで入れるタイプ

最近のマツダ車などが採用しているのが、シフトノブ自体を押し込みながらリバースギアに入れるタイプ。これに関しては前述のリング式のように一見しただけでは分からないため、所見殺しのタイプと言えるだろう。逆に4速マニュアルだったクラシックミニはシフトノブを引き上げてリバースに入れるタイプであり(純正シフトノブには小さく「LIFT」と書かれていた)、同じ操作をするのに真逆の動作が必要となっていた。

3:実は何もしなくていいタイプ

いろいろなパターンがあるため、この車両はどういう風にリバースに入れるんだろう…? と散々悩ませておいて、実は力いっぱいリバース方向にシフトノブを倒すだけ、というのがホンダ系などに採用されているもの。

軽い操作では全くリバースに入る気配がないが、かなり力を込めて操作すると入るというもので、あまりの抵抗の強さに「別のアクションが必要に違いない」と思ってしまうが、それだけに走行中などにうっかりリバースに入ってしまうということは防げるというシンプルなものである。

何だコリャ、と思ったらトリセツを

ということで、実は車種によって大きく異なるシフト操作の方法。普段と違うクルマを乗るときは、固定概念を捨てて一旦取扱説明書に目を通すのが一番なのかもしれない。

[筆者:小鮒 康一]

筆者: 小鮒 康一

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR