autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京オートサロン2019 名車“ダルマセリカ”から“蜜蜂カー”まで! バラエティの豊かさを楽しめる自動車大学校系の出展車両にズームイン【東京オートサロン2019】

チューニング・ドレスアップの総合展示会、東京オートサロン2019 特設ページ

東京オートサロン2019 カスタムカー・カスタムパーツ記事一覧。チューニング・ドレスアップの総合展示会、東京オートサロン2019のカスタムカー・カスタムパーツ記事一覧です。

名車“ダルマセリカ”から“蜜蜂カー”まで! バラエティの豊かさを楽しめる自動車大学校系の出展車両にズームイン【東京オートサロン2019】

2019/1/15 19:38
Text: 小鮒 康一 Photo: 茂呂 幸正
埼玉自動車大学校 東京オートサロン2019 出展ブース
トヨタ東京自動車大学校トヨタ東京自動車大学校埼玉自動車大学校 東京オートサロン2019 出展ブース埼玉自動車大学校 東京オートサロン2019 出展ブース画像ギャラリーはこちら

学生達の「カッコいい!」「面白い!」を追求したクルマが大集合

毎回、自由な発想で我々を楽しませてくれるのが、自動車大学校の出展車両だ。北ホールにはトヨタ東京自動車大学校と埼玉自動車大学校がブースを出展しており、どちらもユニークな車両を展示していた。

◆クルマのお尻に蜜蜂の針が出現!? 学生が手がけた個性豊かな出展車を写真で見る

入念にレストアされたセリカが印象的なトヨタ東京自動車大学校ブース

トヨタ東京自動車大学校トヨタ東京自動車大学校

トヨタ東京自動車大学校では、丹念なレストアを施してまるで新車時のような装いとなった「TA22型セリカ」(通称ダルマセリカ)や、アルテッツァジータをベースに鎧を思わせる装飾をプラスし、カーゴスペースにはジオラマを配するという大胆なカスタムを施した「JPN CAR II」、そして初代ヴィッツをベースにワイドボディ化を図りながらも、丸目ヘッドライトを採用することで親しみやすさもプラスした「Vitz amore」などが展示されていた。

クルマの後ろに蜜蜂の針!? “蜂カー”を出展した埼玉自動車大学校

埼玉自動車大学校 東京オートサロン2019 出展ブース埼玉自動車大学校 東京オートサロン2019 出展ブース

一方の埼玉自動車大学校には、一見するとベース車が分からないほどカスタムされた車両が展示されていた。「RX-蜂」という名前で車種が分かると思うが、ベースとなったマツダ「RX-8」の「8」と「蜂」をかけたもので、羽根に見立てたドアはシザードア化され、ボンネットもフロントヒンジへと変更がなされていた。

リアに設けられた蜂の針を模したマフラーが目を引くが、このマフラー、当初は細すぎて排気が追いつかずエンストしてしまっており、試行錯誤してこのサイズに落ち着いたという。

どちらも学生ならではの柔軟な発想が目を引く車両。こういう若者が自動車業界をけん引していってくれると思うと、なんだか嬉しく思ってしまうのは筆者だけではないはずだ。

[筆者:小鮒 康一 / 撮影:茂呂 幸正]

筆者: 小鮒 康一

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

東京オートサロン2019 人気記事ランキング

オートックワンのモーターショー特集

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
東京オートサロン2019 美女図鑑
オートックワンのおすすめ特集