autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 電動でホールド&リリース、更に無接点充電機能付き!カロッツェリア スマートフォンクレイドル SDA-SC500が超便利!

特別企画 2018/12/27 13:32

電動でホールド&リリース、更に無接点充電機能付き!カロッツェリア スマートフォンクレイドル SDA-SC500が超便利!

Text: 松田 タクヤ Photo: 松田 タクヤ
カロッツェリア スマートフォンクレイドル SDA-SC500
カロッツェリア スマートフォンクレイドル SDA-SC500カロッツェリア スマートフォンクレイドル SDA-SC500カロッツェリア スマートフォンクレイドル SDA-SC500カロッツェリア スマートフォンクレイドル SDA-SC500画像ギャラリーはこちら

スマートなカーライフを求めるユーザーにオススメのスマートフォンクレイドル

カロッツェリア スマートフォンクレイドル SDA-SC500

クルマの電動化・電脳化が進み、コネクティッドの面でも急速に発展している昨今の自動車業界。

ナビゲーションシステムやオーディオなども、Wi-FiやBluetoothなどが使われるようになり、有線による接続方法は今や昔のものとなりつつある。

私たちが日常で使っているスマートフォンもそれに然り、イヤホンやヘッドホンはBluetoothで接続するのが当たり前になり、端末の充電にも無接点充電技術を採用するタイプが増えてきた。

自動車でスマートフォンを使用する際も、手動でロックしたり充電ケーブルを差すよりも、「ポン」と置いただけでホールドも充電もこなしてくれた方が、よっぽど使い勝手が良いのは誰もが想像できるはずだ。

自動車に取り付けられているスマートフォンホルダーが、置いただけでホールドも充電もこなしてくれたらどんなに快適だろうか想像してみてほしい。

実は、そんな夢のようなアイテムが存在するのだ。それが今回紹介するカロッツェリア製のスマートフォンクレイドル、「SDA-SC500」である。

>>スマートフォンクレイドル SDA-SC500のオフィシャルサイトはコチラ

無接点充電規格「QI(チー)」に対応した「SDA-SC500」

カロッツェリア スマートフォンクレイドル SDA-SC500

自動車用AV機器を多く手掛けるアフターパーツメーカー「carrozzeria(以下、カロッツェリア)」が発売しているスマートフォンクレイドル「SDA-SC500」は、「クルマ最適発想」から生まれた次世代スマートフォンクレイドルだ。

クルマの中でストレスなく使える操作性、車室内のトラブルを回避する安全性、様々な車種や環境でもスタイリッシュに設置可能、これらを実現する為にカロッツェリアが開発したスマートフォンクレイドルは、スマートフォンを電動でホールドしてくれるうえ、無接点充電規格である「QI(チー)」に対応したスマートフォンを自動で充電してくれるというスグレモノ。

「SDA-SC500」をクルマに装着すれば、スマートフォンを片手で直ぐに脱着可能なうえ、面倒なケーブル接続も不要となるため、スムーズでスマートな乗り降りが可能となるわけだ。

さまざまなスマートフォンを電動オートホールド&リリース

カロッツェリア スマートフォンクレイドル SDA-SC500カロッツェリア スマートフォンクレイドル SDA-SC500
カロッツェリア スマートフォンクレイドル SDA-SC500

「SDA-SC500」のホルダーの幅は最大8.5CM。これは、iPhone8 PlusやGalaxy S9などの、やや大型のスマートフォンでも十分固定可能なサイズである。

電動オートホールドは、スマートフォンクレイドルの正面にある光学センサーによって認識される。ここにスマートフォンを近づけることによりスマートフォンが置かれたと認識し、電動オートホールドが働いてくれるのだ。

スマートフォンを外す際は、スマートフォンクレイドル裏面にある静電式のタッチセンサーに軽く触れればOK。さらに、「SDA-SC500」にはバッテリーが内蔵されているため、車両の電源をオフにしたあとでもスマートフォンを外すことが可能である。

様々な車種に取り付け可能な2種類のマウントアダプターが付属

カロッツェリア スマートフォンクレイドル SDA-SC500カロッツェリア スマートフォンクレイドル SDA-SC500カロッツェリア スマートフォンクレイドル SDA-SC500
カロッツェリア スマートフォンクレイドル SDA-SC500

様々な車種への取り付けを可能にするため、「SDA-SC500」には2種類のマウントアダプターが同梱されている。

ダッシュボードやフロントガラスに取り付けることができるオンダッシュ用アタッチメントは、上下方向へ180°可動し、前後方向へも5cm調整可能。さらに横置きの接地も可能なので、車種を問わずに取り付けることができる。

ダッシュボードがシボ加工されている車種などには、吸着面取り付けシートを使用すると良い。

吸着面取り付けシートをダッシュボードに両面テープで取り付ければ、オンダッシュ用アタッチメントの吸盤をしっかりと吸着させることが可能になる。

さらに落下防止ストラップも付属しているため、万が一吸盤が外れてしまった場合でも、スマートフォンを床に脱落させてしまう心配もなくなる。

車室内をスッキリさせたい方はエアコン吹き出し口取付用アタッチメントがオススメ

カロッツェリア スマートフォンクレイドル SDA-SC500

ダッシュボードやフロントガラスに取り付けたくない方には、エアコン吹き出し口取付用アタッチメントがオススメだ。

エアコンルーバーを挟んで固定する方法のエアコン吹き出し口取付用アタッチメントは、強力なスプリングによって本体をエアコンルーバーへ確実に固定可能。

車室内をスッキリとさせたい方は、このアタッチメントを使用して取り付けると良いだろう。

>>スマートフォンクレイドル SDA-SC500のオフィシャルサイトはコチラ

「SDA-SC500」は、スマートなカーライフを求めるユーザーにオススメ!

カロッツェリア スマートフォンクレイドル SDA-SC500
カロッツェリア スマートフォンクレイドル SDA-SC500

そして、スマートフォンクレイドル「SDA-SC500」は、この他にもウレシイ付属部品が同梱されている。

シガーソケット用 Qualcomm Quick Charge 3.0に対応した2系統のUSBチャージャーは、クルマのシガーソケットに装着して電源を確保することが可能。

さらに、1.1メートルの長さがあるmicroUSB Type-Cケーブルも同梱されているため、USBケーブルを別途用意する必要もない。

まさに至れり尽くせりと言った内容のスマートフォンクレイドル「SDA-SC500」は、スマートなカーライフを求めるユーザーにぜひオススメしたいアイテムだ。

一度使ってみれば必ず分かるこの便利さを、ぜひあなたのクルマでも体験してみてはいかがだろうか。

>>スマートフォンクレイドル SDA-SC500のオフィシャルサイトはコチラ

スマートフォンクレイドル「SDA-SC500」の使用動画

スマートフォンクレイドル「SDA-SC500」の同梱物

■クレイドル本体

■オンダッシュ取付アタッチメント

■エアコン吹き出し口取付アタッチメント

■シガーソケット用Qualcomm Quick Charge 3.0対応USBチャージャー(2系統)

■microUSB Type-Cケーブル(1.1m)

■吸着面取付シート

■落下防止用ストラップ

スマートフォンクレイドル「SDA-SC500」の仕様

本体
入力最大5 V/2 A または 9 V/1.67 A
出力10 W(最大)、7.5 W、5 W
入力端子USB Type-C メス
使用温度範囲-10 ℃ ~ +60 ℃
充電効率≧ 70 %
送電可能距離≦ 6.0 mm
外形寸法71.9 mm(W) x 118.3 mm(H) x 20.3 mm(D)
本体重量約198 g
USB チャージャー
コネクタ USB A コネクタ メス
ポート数2
入力DV12 V/24 V
使用温度範囲-10 ℃ ~ +60 ℃
出力DC5 V/3A、9 V/2A、12 V/1.5 A(クアルコム社QuickCharge3.0 規格)
最大出力30 W

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR