ポケモンGOが海外では交通事故原因にも!歩きスマホの何倍も危険な状況(1/2)

ポケモンGOが海外では交通事故原因にも!歩きスマホの何倍も危険な状況
ポケモンGO イメージ ポケモンGO Niantic ホームページ ポケモンGO ロゴ ポケモンGO ゲーム画面 画像ギャラリーはこちら

海外ではすでに『ポケモンGO』が交通事故原因に

ポケモンGO ゲーム画面

アメリカなどで7月6日からリリースされている『ポケモンGO』が、交通事故原因になり始めた。早くも「歩いていてクルマにブツかった」とか「運転中にポケモン探しをしていて追突した」みたいなニュースも飛び交っている。

ポケモンGOというゲーム、自分のスマホのカメラを使って風景撮ると、その中にポケモンが居るという設定。

もちろん、世界のあちらこちらでポケモンが出没しており、イスラエルのリブリン大統領が執務室からのフェイスブックで「何でこんなところにニャースがいるんだ?警備員を呼べ!」と書きこんだり、ドイツのニュルブルクリンクのサーキットタクシー(コースの体験試乗)の助手席から撮ったポケモン探しの動画がユーチューブにアップされていたりするほど。

危険な歩きスマホの何十倍も危険な状況に

ポケモンGO Niantic ホームページ

ちなみにポケモンGOでは、スマホの画面にポケモンの居る方向と距離が表示される。そいつを見ながらポケモン探しをするのだった(移動しないとポケモンを見つけられない)。しかも見つけたらその場で捕まえないとダメ。

当然の如くスマホの画面を見ながら歩いたり、自転車に乗ったり、なかにはクルマを運転する輩まで出てきたから大きな問題になった次第。

捕まえるには「モンスターボールをブツける」(私には理解不能)という簡単なゲームをしなければならない。もしマニアが希少なポケモンにでも出くわしたら、全て優先されしまうような気がする。

すでに歩きながらプレイしていてガケから落ち大けがするようなケースすら出てきている。ただでさえ危険な歩きスマホの何十倍も危険な状況になると思う。

1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
国沢 光宏
筆者国沢 光宏

1958年生まれ。ベストカーガイド編集部員を経て自動車評論家に。空気を全く読まず言いたいことを言い、書きたいことを書くので自動車メーカーから嫌われている。現在所有しているクルマは日産リーフとトヨタ・プリウス、ホンダ・インサイト。趣味はラリーに出場すること。人気のない(本人談)Webサイト(http://kunisawa.net/)を運営中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる