日本の新車市場がかなりヤバイ!メーカー好調の裏で国内の新車販売台数が落ち込む理由(1/2)

日本の新車市場がかなりヤバイ!メーカー好調の裏で国内の新車販売台数が落ち込む理由
スズキ バレーノ スズキ バレーノ スズキ バレーノ スズキ バレーノ 画像ギャラリーはこちら

景気はそこまで悪くないのにナゼ新車販売台数は下がる?

スズキ イグニストヨタ プリウス

国内の新車販売台数が伸び悩んでしまっている。2015年4月~2016年3月の販売台数は、軽自動車を含め約494万台。対前年比93.2%に留まった。

ちなみに前年は530万台で、その前の年の569万台を下回っているから深刻だと思う。景気を見ると、良くはないものの悪くない。なぜ新車販売台数が下がっているのだろうか?

最大の理由は日本市場に「新型車が出ない」ことだと考える。

直近の1年に登場してきた新型車を上げると

1)スズキ バレーノ

2)ダイハツ ブーン/トヨタ パッソ

3)ホンダ クラリティ フューエルセル

4)スズキ イグニス

5)トヨタ プリウス

6)ダイハツ キャスト

7)スズキ ソリオ

8)トヨタ シエンタ

9)ホンダ シャトル

 10)レクサス RX

 11)マツダ ロードスター

 12)スズキ アルトラパン

と、これしかない。日産、スバル、三菱についちゃ新型車全く無し!

1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
国沢 光宏
筆者国沢 光宏

1958年生まれ。ベストカーガイド編集部員を経て自動車評論家に。空気を全く読まず言いたいことを言い、書きたいことを書くので自動車メーカーから嫌われている。現在所有しているクルマは日産リーフとトヨタ・プリウス、ホンダ・インサイト。趣味はラリーに出場すること。人気のない(本人談)Webサイト(http://kunisawa.net/)を運営中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる