autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート シトロエンDS3・C3・プジョー208 新型3気筒 1.2リッターエンジン+ETG5搭載車 試乗レポート/森口将之

試乗レポート 2014/2/18 17:51

シトロエンDS3・C3・プジョー208 新型3気筒 1.2リッターエンジン+ETG5搭載車 試乗レポート/森口将之(1/3)

シトロエンDS3・C3・プジョー208 新型3気筒 1.2リッターエンジン+ETG5搭載車 試乗レポート/森口将之

遂に!1.2リッター 直3エンジン+新開発2ペダルトランスミッション搭載

シトロエン DS3(左)/シトロエン C3 (右)

「実はまだ4速ATなんですよ……」

プジョーやシトロエンのコンパクトカーが発売されるたびに、インポーターの方が申しわけなさそうに口にするあのフレーズから、ついにオサラバする日がやって来た。

昨年プジョー208のベースグレード「アリュール」に先行搭載された1.2リッター直列3気筒エンジンに、ETG5と呼ばれる新開発のトランスミッションとアイドリングストップを組み合わせたパワートレインが、プジョー208とシトロエンC3/DS3に搭載されたのだ。

プジョー 208 プレミアム[5ドアハッチバック/1.2リッター 直3 ガソリンエンジン/5速ETG]シトロエン C3 エクスクルーシブ[5ドアハッチバック/1.2リッター 直3 ガソリンエンジン/5速ETG]

つまりはひと足先に試乗記をアップしたプジョー 2008とも共通で、エンジンは最高出力82ps、最大トルク12㎏mを発生する。エフィシェント・トロニック・ギアボックスを意味するETG5は、5速MTのクラッチとギアチェンジ操作を電子制御化したものだ。

Dレンジ入れっぱなしでのイージードライブも可能だし、パドルを使ってマニュアルシフトもできる。クリープ機能のほか、登り坂での発進時にずり下がりを防ぐヒルスタートアシスタンスも装備する。

◎参考:

プジョー 2008(新型クロスオーバー) 国内試乗レポート/森口将之[2014年2月11日]

シトロエン C3 エクスクルーシブ[5ドアハッチバック/1.2リッター 直3 ガソリンエンジン/5速ETG]プジョー 208 プレミアム[5ドアハッチバック/1.2リッター 直3 ガソリンエンジン/5速ETG] 試乗レポート/森口将之 2

もちろん従来の1.6リッター4気筒と4速ATのコンビに比べて軽くもなっていて、約70㎏ものダイエットを達成している。おかげでプジョー208のJC08モード燃費は19.4㎞/Lをマーク。平成 27 年度燃費基準を達成した。

グレードは、208では3ドアの「アリュール」と5ドアの「プレミアム」、「シエロ」の3タイプ。アリュールはいままでどおり3ペダルの5速MTも選べる。シトロエン C3は「セダクション」と「エクスクルーシブ」で従来と同じ。DS3は1.6リッター4気筒ターボに6速MTを組み合わせた「スポーツシック」はそのままで、「シック」のみこのパワートレインに置き換えられた。

今回は208、C3、DS3の3台すべてに乗ったけれど、そのうち新型プジョー 208については試乗会のあと、個別に広報車をお借りして東京都内の一般道と首都高速道路も走ってみたので、代表してこのクルマの印象から綴っていこう。

[次ページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

プジョー 208 の関連編集記事

プジョー 208の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー 208 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR