autoc-one.jp 記事・レポート 特集 モーターショー 日産がクロスモーションで次世代SUV戦略を示唆、次期型「エクストレイル」はクロスオーバーに?

モーターショー 2018/1/18 16:02

日産がクロスモーションで次世代SUV戦略を示唆、次期型「エクストレイル」はクロスオーバーに?

関連: 日産 エクストレイル Text: 桃田 健史 Photo: 桃田健史/日産自動車
日産 Xmotion(クロスモーション) デトロイトショー2018
日産 Xmotion(クロスモーション) デトロイトショー2018日産 コンセプトカー X motion日産 コンセプトカー X motion日産 コンセプトカー X motion画像ギャラリーはこちら

量産を視野に入れたコンセプトモデル「クロスモーション」

日産が放った新たなるSUV戦略。デトロイトショー2018で披露したXmotion(クロスモーション)は、「北米向けSUVのパスファインダーの次世代に違いない。それどころか、次世代エクストレイルの可能性すらある」。

日産 コンセプトカー X motion

「いや、そんなことはない。外観も内装も、あまりにも大胆であり、これがそのまま量産になるとは思えない」。そう考える方も多いだろう。だが、現実は違う。

>>次期型エクストレイル?日産クロスモーション(画像37枚)

日産が過去に発表したSUV系コンセプトモデルを振り返ってみると、それら発表時の日産側の説明をよく聞けば、量産を視野に入れたものかどうかが判別できてきた。

クロスモーションの広報資料を見ると、最も強調しているのは、日本建築など日本的な文化と、電動化・自動運転化・通信によるコネクティッド化の融合を占める日産インテリジェントモビリティとの融合だ。

その上で、今回の発表現場で日産デザイン部門の幹部の「ひとこと」が気になった。

東京モーターショー2017からの導線

日産 Xmotion(クロスモーション) デトロイトショー2018

それは、記者発表のあと、クロスモーションを前に日本人メディアに対して、彼がインテリアに関する「裏話」をしている時だった。

なんと、右後席ドアからリアハッチ、そして左後席ドアへと続く赤い内装が、「富士山を表現している」というのだ。言われてみないとまったく気が付かないが、確かに富士山に見えるという憎い演出である。

だが、ここまで露骨に日本を表現することに、日本人としては抵抗感を持つ人も多いはずだ。木工や和紙など、日本の伝統建築の要素を徹底的に組み込んだインテリアに対して「よくここまでしっかりと作り込んだものだ」とは思うが、富士山の演出を含めて、量産に向け現実性が低いと考えるのは、普通だろう。

ところが、日産の本当の狙いは別にある。前出のデザイン部門幹部が、漏らしたもうひとつの言葉が、それを裏付けた。

日産IMx

それは、クロスモーションの内装で使った色味は、前席が黒で後席に向かうにつれて赤くなるが、東京モーターショー2017とは「色味の変化が逆」というのだ。これは、コンセプトモデルのIMxを指している。改めて、IMxの広報資料を見てみると、内装では「伝統的な日本家屋の空間構成」という表現が使われている。

デザイン部門幹部は、さらにこう続けた。「クロスモーションは海外向けの“和の表現”。一方の東京モーターショー2017(発表のIMx)は、日本向けの“和の表現”だ」。

エクストレイルもパスファインダーもクロスオーバーになる?

日産パスファインダーハイブリッド(2014)日産エクストレイル

こうした、東京モーターショー2017からデトロイトショー2018にかけての日産の発表から見えてくるのは、エクスレイルとパスファインダーのモデル融合だ。

周知の通り、アメリカでは90年代頃からピックアップトラックをベースとしたSUV市場が急激に拡大した。その後、小型と中型のSUVは、ピックアップトラック向けのラダー(梯子型)フレームから、CまたはDセグメントの乗用車プラットフォームを併用するケースが増えていった。

そうした中、日産における中型SUVは、エクストレイルとパスファインダーの今後が気になるところだった。

今回、クロスモーションとして具現化された、日産のアメリカ向けSUV戦略によって、エクストレイルとパスファインダーの次世代系は、SUVからクロスオーバーへと大きくシフトすることになりそうだ。

[Text:桃田健史]

筆者: 桃田 健史

日産 エクストレイル の関連編集記事

日産 エクストレイルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 エクストレイル の関連編集記事をもっと見る

日産 エクストレイル の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!