autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京モーターショー2017 日産 新型リーフに早くもNISMOバージョンが登場!レース技術を反映させた“LEAF NISMO Concept”とは【東京モーターショー2017】

モーターショー 2017/10/3 14:00

日産 新型リーフに早くもNISMOバージョンが登場!レース技術を反映させた“LEAF NISMO Concept”とは【東京モーターショー2017】

関連: 日産 リーフ Text: オートックワン 編集部 Photo: 日産自動車
NISSAN LEAF NISMO Concept(日産 リーフ ニスモ コンセプト)【東京モーターショー2017参考出品/コンセプトカー】
NISSAN LEAF NISMO Concept(日産 リーフ ニスモ コンセプト)【東京モーターショー2017参考出品/コンセプトカー】NISSAN LEAF NISMO Concept(日産 リーフ ニスモ コンセプト)【東京モーターショー2017参考出品/コンセプトカー】NISSAN LEAF NISMO Concept(日産 リーフ ニスモ コンセプト)【東京モーターショー2017参考出品/コンセプトカー】NISSAN LEAF NISMO Concept(日産 リーフ ニスモ コンセプト)【東京モーターショー2017参考出品/コンセプトカー】画像ギャラリーはこちら

2代目新型リーフに早くも新しいラインナップ誕生

参考出品ながら市販化にも大いに期待

2017年9月にフルモデルチェンジしたばかりの日産の電気自動車(EV)、2代目リーフに早くも新たなラインナップが東京モーターショー2017に登場しそうだ。その名は”LEAF NISMO Concept”(リーフ ニスモ コンセプト)。コンセプトの名の通り、今回はあくまでも参考出品のコンセプトカーだが、現実味あるスタイリングなどから、近い将来の市販化にも期待が高まる。

>>市販版日産 新型リーフとの違いをフォトギャラリーで比較してみる

NISMOのレーシングテクノロジーを内外装に反映

リーフ ニスモ コンセプトの外観は、日産のモータースポーツ部門であるNISMO(ニスモ)が持つレーシングテクノロジーを反映した専用のエアロパーツなどを装着。Cd値(空気抵抗値)を悪化させることなくリフト量を低減させるなど、優れた空力性能を実現させた。

室内では、ブラック内装にNISMOレッドのアクセントを配し、スポーツモデルらしい演出を施した。

EVらしくモーター制御のコンピュータも専用チューン

足回りにはNISMOチューニングの専用サスペンションを装着し、高性能タイヤと組み合わせた。

またEVらしくモーターを制御するコンピュータ(VCM)も専用チューニング。電気自動車ならではの瞬発力の高い加速フィールをもたらした。

新型リーフNISMO、市販化はいつ!?

NISSAN LEAF NISMO Concept(日産 リーフ ニスモ コンセプト)【東京モーターショー2017参考出品/コンセプトカー】

かつて初代リーフでも”エアロスタイル”という特別仕様モデルを出していた日産。車名でわかるように、エアロパーツを搭載したモデルだが、実はこのモデルも専用のVCMを搭載し、加速感を強めた”チューニング”モデルでもあった。

リーフ エアロスタイルの成り立ちは、そのまま今度のリーフ ニスモ コンセプトにつながっていくものだ。当然日産もリーフ ニスモとしての市販化も想定しているだろう。現時点ではその発売時期を予想することは難しい。ちなみに先代リーフのエアロスタイルは、2011年の東京オートサロンにコンセプトカーとして参考出展され、その後2013年の東京モーターショーで市販版をお披露目、翌年の2014年1月に発売された経緯がある。新型リーフ ニスモはそこまで待たせないことを期待しつつ・・・2018年の市販化を大いに期待したいところだ。

[レポート:オートックワン編集部/Photo:日産自動車]

日産 新型リーフ 関連コンテンツ

日産 新型リーフのカタログはこちら

日産 新型リーフ最新情報|価格は315万円からで航続可能距離400km!フルモデルチェンジで大幅に改良された量販EVを徹底解説

【動画】こんな発表会見たことない!? 日産 新型リーフ ワールドプレミア発表会

デザイン大刷新の日産 新型リーフはかっこいい?かっこ悪い?みんなの本音を聞いてみた

日産 リーフ 電費(燃費)レポート|フルモデルチェンジ前にEVの性能をおさらい!慣れない単位に困惑!?

【試乗】日産 リーフ「エアロスタイル」はスタイルだけじゃない、走りがさらに強力だ!

東京モーターショー2017 関連記事

日産 新型セレナ ニスモ|ミニバンの”NISMO”が2017年11月市販化決定!【東京モーターショー2017】

スバル 新型WRXが2018年にもフルモデルチェンジ!?スポーツセダンの理想形が ”ヴィジヴ パフォーマンス コンセプト”に詰まっている【東京モーターショー2017】

新型ジムニーを示唆! e-SURVIVOR(イー・サバイバー)は本格クロカン四駆の将来像【東京モーターショー2017】

スズキ 新型XBEE(クロスビー)は1Lターボ搭載の“ハスラー ワイド版”!?早ければ2017年中にも発売の見込み【東京モーターショー2017】

日産が自動運転レベル3のEVコンセプトを初公開か!?新型リーフ/セレナのNISMO Ver.も登場!【東京モーターショー2017 】

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

スペシャルスポンサーリンク

日産 リーフ の関連編集記事

日産 リーフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 リーフ の関連編集記事をもっと見る

日産 リーフ の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
東京モーターショー2017 人気記事ランキング
東京モーターショー2017 の最新記事