autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 ジューク アーバンセレクション 試乗レポート/渡辺陽一郎 with 美波千夏

試乗レポート 2011/7/16 23:50

日産 ジューク アーバンセレクション 試乗レポート/渡辺陽一郎 with 美波千夏(1/4)

関連: 日産 ジューク Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正
日産 ジューク アーバンセレクション 試乗レポート/渡辺陽一郎 with 美波千夏

ジュークがここまで高い人気を得た理由とは

日産 ジューク アーバンセレクション×美波千夏

今の国内販売をジャンル別のシェアで見ると、軽自動車が最も多く40%弱を占め、コンパクトカーが約25%、ミニバンが15%と続く。セダンのシェアは10%前後まで落ち込み、SUVとなれば5%しかない。今の日本では、空間効率の高い車種が売れ筋になっている。

ところが、その例外が「日産 ジューク」で、販売ランキングの上位に食い込む。

同じく日産のエクストレイルがSUVのナンバーワンとしてもともと好調に売れ続けてきたが、最近の月別登録台数を見ると、ジュークがトップに立つケースが増えてきた。

日産 ジューク アーバンセレクション×美波千夏

ジュークがここまで高い人気を得た理由は、「200万円以下で買える面白い(あるいは楽しい)クルマ」であるからだ。

エクストレイルは手頃な価格で野生的なSUVらしさを濃厚に漂わせて人気を得たが、ジュークは本質的に違う。 今や200万円以下の日本車は、前述のミニバン/コンパクトカー/軽自動車が中心。

90年代の中盤以降、空間効率の高い実用的な車種が売れ筋になり、メーカーの品揃えも一気に偏った。安くて面白いクルマは激減している。

そこに外観が個性的で走りも楽しく、サイズはコンパクトで売れ筋グレードの価格を200万円以下に抑えたジュークが現われたから、予想以上の人気を得たわけだ。

「隙間商品」と呼ぶのは、ジュークに対して失礼だろう。今の日本車が忘れてしまったクルマの魅力を備えることで、高い人気を得ている。

本質を突いた結果のヒット作と捉えるべきだ。

日産 ジューク アーバンセレクション日産 ジューク アーバンセレクション日産 ジューク アーバンセレクション日産 ジューク アーバンセレクション日産 ジューク アーバンセレクション

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

日産 ジューク の関連編集記事

日産 ジュークの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 ジューク の関連編集記事をもっと見る

日産 ジューク の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR