autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 2017年モデルは“新生”「NISSAN GT-R」だ!試乗でみえた「無機質な機械」から「血の通ったクルマ」へ

試乗レポート 2016/6/6 16:40

2017年モデルは“新生”「NISSAN GT-R」だ!試乗でみえた「無機質な機械」から「血の通ったクルマ」へ(1/3)

関連: 日産 GT-R Text: 桂 伸一 Photo: 日産自動車
2017年モデルは“新生”「NISSAN GT-R」だ!試乗でみえた「無機質な機械」から「血の通ったクルマ」へ

日産 新型「GT-R(2017年モデル)」は何が変わった?

日産GT-R(R35)'17モデル日産GT-R(R35)'17モデル

2017年モデルの新型GT-Rは、基本骨格はそのままにスタイリッシュに生まれ変わった。速さと安定性と乗り味も極めて洗練された・・。

なにが変ったのか!?

単体で眺めるとフロント回りがシェイプされた。それは新旧2台を並べる事でより明快になる。全体的に丸みを帯びたポッチャリ系は初期型から2016モデルまで。新型となる2017モデル「GT-R」はボンネット、グリル、フロントバンパースポイラーの構成がスッキリとまさに贅肉を削いだ印象。

サイドシル、Cピラーを含むリアフェンダーまわり、リアはテールライトのフチを盛る造形とバンパーの形状はニスモに準じる。ということで、より多くの空気を取り入れ排出しながら流す効率はエアロ効果とともに、抵抗となる要素を差し引きしながら整える。

内装はGTカーに相応しいレザーの風合いが優しく乗員を包み込む。各部パネル類の合わせ目、曲げ加工、ミシン目ステッチはビシッと真っ直ぐ入る精度と質感の高さがプレミアムスポーツに相応しい。

ダッシュボードやインパネ、センタークラスターまでデザイン変更。10年目を迎えるだけに、毎年の進化のレベル、マイチェンのレベルではない進化であり、コストの掛け方からして「新生」と呼べる2017モデルGT-Rである。

軟弱になった訳ではないが「乗りやすくなった」

日産GT-R(R35)'17モデル

スポーツカーに対して、とくにGT-Rに対してだが“乗りやすくなった”と表現すると拒絶反応が多い。どこか甘く弱く軟弱になったという誤解が生じるのだろう。しかし2017モデルGT-R・・、じつに「乗りやすくなった」。

世界のスポーツカーの流れはそこにある。よりパワフルに、トルクフルになるパワーユニット、タイヤのパフォーマンスはあがり旋回性能も高く、ブレーキ能力も優れた・・・と進化する各パートを1台にまとめると、より速く滑らかに扱いやすく、つまり乗りやすくする事は、至極当然それが技術力だ。

だから“新生”GT-Rがより洗練、成熟された乗り味になるのも当然の流れ。そこには直進安定性、旋回性能引き上げによる速さと優れた操縦性がまずはある。トランスミッション、エンジンからのメカニカルノイズ低減と変速ショックの低減は、市街地の常用域から超高速域での静粛性にもつながる。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

日産 GT-R の関連編集記事

日産 GT-Rの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 GT-R の関連編集記事をもっと見る

日産 GT-R の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR