悪魔のZやブラックバードなど! 漫画「湾岸ミッドナイト」で印象的なモデル3選

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
湾岸ミッドナイトは、1990年に連載を開始したクルマ漫画。全42巻の単行本が発行され、累計発行部数1700万部を超える人気作品です。主人公の朝倉アキオが解体屋で「悪魔のZ」ことS30フェアレディZを見つけたことで物語が始まり、「悪魔のZ」を中心とした人間模様や首都高を舞台とした公道バトルが描かれています。現実世界では、高速道路で速度超過などの危険走行はしてはいけませんが、ここでは劇中で時速300キロオーバーのバトルなどを繰り広げた印象的なモデル達をご紹介しましょう。
目次[開く][閉じる]
  1. 主人公 朝倉アキオが乗る日産 S30フェアレディZ
  2. 島達也が乗るポルシェ 911ターボ(964型)
  3. 秋川零奈が乗る日産 スカイラインGT-R(R32型)

主人公 朝倉アキオが乗る日産 S30フェアレディZ

1969年にデビューしたフェアレディZ(S30型)は、日産を代表するスポーツカー。ジャガー タイプEやポルシェ 911といった、ヨーロッパの高級GT(グランツーリスモ)と同等のスペックやスタイルを備えていながら手に入れやすい価格であったため、北米を中心に大ヒットを記録します。世界のスポーツカーと互角に戦えるポテンシャルを持ち、北米での名称は「Datsun Z(ダットサン・ゼット)」でしたが、ダッツンズィーという愛称で親しまれていました。

約800馬力の「悪魔のZ」

主人公アキオが乗るフェアレディZ(S30型)は、解体屋でバラバラにされるのを待っていたところを救出された車両。ドライバーを突然裏切り、過去のオーナーの命を奪ってきたことから「悪魔のZ」と名付けられました。作中に登場するフェアレディZ(S30型)は、2.8リッターのL28型エンジンに載せ替え、排気量を3.1リッターまで拡大。そこにTD06ツインターボを装着して最高出力800馬力近くを叩き出すモンスターマシンです。

日産 フェアレディZ(S30型)の中古車相場

■中古車掲載台数:44台

■中古車相場:207.9万円~1580万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年11月17日時点のデータ

島達也が乗るポルシェ 911ターボ(964型)

1989年に3代目になったポルシェ 911ターボ(964型)は、モノコックのボディ構造となり、コイルスプリング式サスペンションに変更。エクステリアは、1973年から1974年まで生産された初代911Gシリーズ(901型)と共通点が多く、一目で911と認識できます。また、964型はエアロダイナミクスに優れ、80%以上のパーツが新設計されました。

1991年から1992年モデルは、最高出力320馬力の3.3リッターターボエンジンを搭載し、1993年モデルで360馬力を発生させる3.6リッターターボエンジンが搭載されています。

約700馬力のブラックバード

島達也は、アキオのライバルであり良き理解者。そして、「悪魔のZ」の前オーナーでもあります。島は当初乗っていた930型から964型へ乗り換え、約700馬力を発生させるまでチューンナップ。「ブラックバード」の異名を持つポルシェ 911ターボ(964型)が誕生します。その後、事故をきっかけにパイプフレーム化に着手しますが、パイプフレームでは継続車検を受けられないため廃車覚悟で悪魔のZに挑みます。

ポルシェ 911ターボ(964型)の中古車相場

■中古車掲載台数:48台

■中古車相場:690万円~1397.4万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年11月17日時点のデータ

秋川零奈が乗る日産 スカイラインGT-R(R32型)

1989年に8代目となった日産 スカイライン(R32型)は、日産の車づくり運動である「901運動」により誕生しました。ボディタイプは、4ドアハードトップセダンと2ドアクーペを展開しています。中でも16年ぶりに復活した「GT-R」は、名エンジンとしても知られるツインターボの「RB26DETT」を搭載。四輪駆動システム「ATTESA E-TS」や四輪操舵システム「Super HICAS」を組み合わせています。また、ベーシックな「GT-R」だけでなく、走行性能を高めた「スペックV」などを展開しました。

"Rのヴィーナス"レイナのGT-Rは約600馬力

劇中のヒロイン的存在で、モデル業をこなすレイナも首都高を走るひとり。スカイラインGT-R(R32型)に乗るレイナは、「本物のR乗り」と言われるほどの運転技術を持ちます。また、ガンメタだったボディカラーを、クリスタルホワイトにオールペイントしているもの特徴です。

レイナのスカイラインGT-R(R32型)は、NISMO T25タービンを装着したツインターボ仕様で約600馬力を発生させ、NISMO製フロントバンパーや小型リアスポイラーを装着しています。

日産 スカイラインGT-R(R32型)の中古車相場

■中古車掲載台数:65台

■中古車相場:306.4万円~2575万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年11月17日時点のデータ

日産/フェアレディZ
日産 フェアレディZカタログを見る
新車価格:
398万円652万円
中古価格:
32.8万円1,601.7万円
ポルシェ/911
ポルシェ 911カタログを見る
新車価格:
1,398万円1,835万円
中古価格:
199.7万円4,432.5万円
日産/スカイラインGT-R
日産 スカイラインGT-Rカタログを見る
新車価格:
555.3万円693万円
中古価格:
306.4万円2,650万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... みやこわすれの宿 こおろぎ楼
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産 フェアレディZの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 フェアレディZのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 フェアレディZの中古車検索 日産の記事一覧 日産 フェアレディZの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 フェアレディZのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる