サステナブル素材を使用するなど環境性能を進化させたプレミアムコンフォートタイヤ「プロクセス コンフォート IIs」を発売/トーヨータイヤ株式会社

画像ギャラリーはこちら
トーヨータイヤ株式会社はプレミアムコンフォートタイヤ「PROXES Comfort IIs(プロクセス コンフォート ツーエス)」を2023年3月より順次発売します。
目次[開く][閉じる]
  1. 走行性だけでなく、環境性能を進化させたプレミアムコンフォートタイヤ
  2. 商品の特徴
  3. サイズ展開

走行性だけでなく、環境性能を進化させたプレミアムコンフォートタイヤ

今回発売される「PROXES Comfort IIs(プロクセス コンフォート ツーエス)」は、グローバル・フラッグシップタイヤブランド「PROXES(プロクセス)」シリーズの商品。上質なクルージングを追求し、環境性能を進化させたプレミアムコンフォートタイヤです。

天然由来のサステナブル素材を使用

同商品の素材を制作するにあたって、同社の材料設計基盤技術「Nano Balance Technology(ナノバランステクノロジー)」を用いて、低燃費コンパウンドの開発がされました。新シリカ分散剤を採用し、転がり抵抗の低減、ウェット性能及び耐摩耗性能の向上に効果を発揮するシリカをより均一に分散させることで、これらの性能を高次元で最適化。この新シリカ分散剤には天然由来のサステナブル素材を使用されています。

商品の特徴

パターン設計

非対称のパターン設計を採用。同社独自のタイヤ設計基盤技術「T-MODE(ティーモード)」を活用し、タイヤの溝や切り込みであるトレッドパターン内で機能を分担させています。

高い静粛性で快適な車内空間を実現

タイヤの内側と外側で最適なパターン設計を施すことで、タイヤパターンに起因して発生するノイズの騒音エネルギーを同社従来品(PROXES C1S)比で22%低減。走行中のノイズを軽減することで、静粛性に優れた快適な車内空間となります。

環境性能と安全性能も強化

転がり抵抗性能とウェットグリップ性能の向上はもちろん、欧州の高い環境基準にも対応。

トレッド部に配置したブロックの剛性を向上させることにより操縦安定性を向上させ、レーンチェンジの時などにおけるふらつきを抑制し、上質な乗り心地と操縦安定性の両立を図っています。

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... きたの風茶寮

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる