トーヨータイヤ、通年で使えるコミュニティバス専用スタッドレスタイヤ「M937」を2022年9月より発売

画像ギャラリーはこちら
トーヨータイヤ株式会社は、コミュニティバス専用スタッドレスタイヤ「M937(エムキュウサンナナ)」を新商品として2022年9月1日より国内市場で発売します。サイズは205/80R17.5 120/118N、価格はオープンです。

交通機関として欠かせないコミュニティバスはタイヤに負荷がかかりやすいという課題が

国土交通省の調査では、導入事例数が2009年から10年間で約1.5倍増加しているコミュニティバス。

公共交通機関が整備されていない地域での移動手段として導入が開始されました。また、大型路線バスの通行が困難な区間などにおける交通ネットワークの補完といった目的でも運用されています。

一般の路線バスに比べて狭い道路を走行するため、低速での発進、信号の無い交差点での停止や右左折も頻繁に行なうコミュニティバス。タイヤにかかる負荷の大きい使用環境となることから、偏摩耗の発生や摩耗促進による早期交換の課題を抱えている状況です。

また、降雪が少ない地域であっても、突然の積雪時における走行安全性を確保するため、スタッドレスタイヤを装着するバス事業者が増加しています。

通年での使用を考慮して開発されたコミュニティバス専用スタッドレスタイヤ「M937」

今回、発売される「M937」は、通年での使用を考慮して開発したコミュニティバス専用スタッドレスタイヤです。

タイヤが路面に接地するトレッド面全体の幅を広く確保し、大型のブロックを配置することで、タイヤにかかる負荷を分散させてゴムの過度な動きを抑制しています。

耐摩耗性能が向上し、推定摩耗ライフが同社従来品(M935)比で38%向上。縦方向に刻まれた溝の幅を広げることによって、雪が目詰まりすることを防いでくれます。

さらに、サイプと呼ばれる細かい溝をトレッド面のブロックに高密度で配置することによって、積雪や凍結した路面における走行性能を持つタイヤです。

夏タイヤから履き替える場合の2種類のタイヤを準備するコストや、交換作業や保管などのメンテナンス、スタッドレスタイヤを使い続けた場合に一年を通して使用できないなどの問題を解決できる商品となっています。

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 遊季亭 川奈別邸

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる