ミシュランとエンバイロ、処分されるタイヤを原材料に変えるテクノロジー開発の提携

画像ギャラリーはこちら
2020年4月24日ミシュランは、使用済みタイヤをリサイクルする熱分解テクノロジーの大規模な開発・事業化を目指してEnviro社(以下、エンバイロ)との提携を進めていることを明らかにした。今回開発するリサイクルテクノロジーにより、これまで廃棄されていた使用済みタイヤが良質の原材料に生まれ変えることができる。

>>ミシュランの大人気タイヤを写真で確認!

タイヤを原材料に変える技術

2001年設立の社員20名から成るスウェーデンの新興企業エンバイロは、熱分解プロセスにおいてエネルギー消費を最小限に抑えながら、素材の化学的組成及び物理的状態を変化させるテクノロジーを開発した。

この最先端の革新的なテクノロジーを利用して、再生カーボンブラック、熱分解油、鋼鉄など他の産業分野の生産工程で再利用することができる生成物を生産することができる。

毎年約10億本とも言われる廃タイヤのリサイクルは、タイヤ産業と我々ユーザーにとって大きな課題。だが、このリサイクルテクノロジーにより、現在は廃棄物として処分されているタイヤも原材料としてリサイクルできるようになる。

ミシュランとエンバイロの提携の内容

■エンバイロの熱分解テクノロジーを大規模に展開するための開発契約の締結。

■エンバイロ株式の20%を取得し筆頭株主になる。

■ミシュランは、総額32,526,262 クローネ(約3百万ユーロ)を出資し、エンバイロを支援するため株主総会に提案。4月15日に株式引受手続きに署名をしている。

■テクノロジーの事業化を進めるための工場建設共同プロジェクトを発足さる。工場の立地は検討中。

■ミシュランとエンバイロ間の相互供与契約の締結この提携により両社は相互に補完し合うノウハウを持ち寄り、タイヤのリサイクルを加速させる。ミシュランは自社の事業ノウハウを工場建設プロジェクトや研究開発・製造に活かし、エンバイロは特許権を取得している熱分解テクノロジーを提供することで、高品質の製品を生み出していく。

■2020年の半ばまでの最終的な合意に向け、両社の話し合いが進んでいる。

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... MOTA ドライブ/宿 厳選宿特集
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる