年間10億本! これまで捨てていたタイヤが原材料に生まれ変わる!?|ミシュランタイヤ

画像ギャラリーはこちら
”すべてを持続可能に”というビジョンを掲げるミシュランが、スウェーデンのリサイクル会社と提携を進めている。これにより今まで廃棄物だったタイヤが、原材料へと生まれ変わることに……

>>最新モデル、ミシュラン プライマシー4を画像でチェック

ミシュランは、使用済みタイヤをリサイクルする熱分解テクノロジーの大規模な開発・事業化を目指して、スウェーデンのEnviro社(以下エンバイロ社)と提携を進めていると発表した。

これは、年間で廃棄されるタイヤが約10億本にもなる現状をリサイクルで解決しようという取り組み。エンバイロ社の開発したリサイクルテクノロジーにより、使用済みタイヤが良質な原材料に生まれ変わるというものだ。

エンバイロ社が開発したリサイクル技術とは?

エンバイロ社は2001年創業のスウェーデンの新興企業で、熱分解プロセスにおいてエネルギー消費を最小限に抑えながら、素材の科学的組成及び物理的状態を変化させる技術を開発。この革新的な技術を利用して、再生カーボンブラックや熱分解油、鉄鋼など、他の産業分野の生産工程で再利用することができる生成物を生産しているという。つまり現在は廃棄物として処分されている使用済みのタイヤが、原材料として使用され再び製品へとリサイクルされていくことになる。

リサイクル化でさらに持続可能な社会に

ミシュランでは、エンバイロ社の株式20%を取得して筆頭株主となった上で、新たにリサイクル工場を2社合同で建設する予定だという。

今回のリサイクル事業の提携は、2017年のリーハイテクノロジー社(使用済みタイヤから微粉化粉末を抽出する専門事業者)の買収に続いて、“すべてを持続可能に”というミシュランの掲げるビジョンに則ったものとなる。

いずれ、我々が履くタイヤもリサイクルされ、また原材料中のリサイクルした素材の比率が高くなっていくだろう。

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おごと温泉 びわこ緑水亭
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる