次に乗りたい車、女性は「軽」、では男性は? 全国カーライフ実態調査

画像ギャラリーはこちら
ソニー損害保険株式会社は、自家用車を所有し、月に1回以上車を運転する18歳~59歳の男女1000名に対し、2019年10月16日~同年10月17日の2日間「全国カーライフ実態調査」をインターネットリサーチで実施した。内容は車の維持費や次に乗りたい車、オプション装備にあおり運転など多岐にわたり、2019年に起こった事故や増税など社会の出来事を反映した結果が明るみになった。

>>車がない磯野家に、新スポンサー日産が勧めたクルマがコチラ!

目次[開く][閉じる]
  1. 2019年、車の維持費はどうなった?
  2. 今乗っている車、次に乗りたい車
  3. オプション装備、どのくらいの金額をかけている?
  4. 車社会で恐怖を感じること
  5. 安全運転を心がけていそうなアニメキャラクターは?
  6. 調査概要

2019年、車の維持費はどうなった?

昨年と変わらず、月平均1万2400円

自家用車を所有し、月に1回以上車を運転する18歳~59歳の男女1000名に1ヵ月あたりの車の維持費を聞いたところ、「5000円~1万円未満」(33.9%)や「1万円~1万5000円未満」(22.1%)との回答が多く、平均額は1万2400円となった。

2017年~2019年の維持費の平均額を比較すると、2017年1万1800円、2018年1万2400円、2019年1万2400円と、ほぼ同じ水準で推移した。

小さいクルマの方がおトク?

主に運転している車のボディタイプ別の維持費の平均額は、軽自動車が最も平均額が低く1万400円で、次いでコンパクトカーが1万600円だった。大型の自動車と比べ、小型の自動車のほうが維持費を抑えることができているようだ。

続いて、車の諸経費で負担に感じるものを複数回答で聞いたところ、「車検・点検費」(68.8%)が最も多く、次いで、「自動車税」(63.8%)、「ガソリン代・燃料代」(53.5%)、「自動車保険料」(51.2%)、「修理代」(23.2%)、「駐車場代」(22.6%)となった。

みんながやってる節約方法、1位は?

普段、車にかかる費用を節約するために行っていることを複数回答で聞いたところ、1位「ガソリン価格の低いガソリンスタンドを利用する」(45.7%)、2位「燃費が良くなる運転を心がける」(33.9%)、3位「洗車を自分でする」(28.3%)、4位「提携カードでガソリン代を払う」(23.5%)、5位「トランクに荷物を積み過ぎない」(21.4%)となった。

少しでも安いガソリンスタンドを利用して節約しているという人が多いようだ。

今乗っている車、次に乗りたい車

圧倒的な人気の「軽」!

主に運転している車のボディタイプを聞いたところ、「軽自動車」(37.4%)が最も多く、次いで、「ミニバン」(15.7%)、「コンパクトカー」(15.1%)、「セダン」(9.8%)、「ステーションワゴン」(8.2%)となった。

男女別にみると、「軽自動車」の割合は、男性26.4%、女性48.4%と、女性の約半数が軽自動車ドライバーであることがわかった。特に10代・20代の女性では64.0%と、6割を超える人が「軽自動車」を運転している。

昨年の調査結果と比較すると、「軽自動車」の割合は、2018年の34.9%に対し2019年は37.4%と増加した一方、「コンパクトカー」の割合は、2018年18.1%、2019年15.1%と、減少傾向がみられる結果となった。

次に乗りたい車、男女で差

次に車を買替える時に購入したい車のボディタイプについて、購入したい車のボディタイプを考えている人(「わからない」を除いた771名)の回答は、「軽自動車」(34.6%)が最も多く、「ミニバン」(16.9%)、「コンパクトカー」(16.0%)、「SUV・クロカン」(11.7%)、「セダン」(10.2%)となった。

男女別にみると、「軽自動車」は男性23.9%、女性46.3%と、やはり女性のほうが22.4ポイント高かった。

男女・年代別にみると、10代・20代男性では「ステーションワゴン」(13.1%)、30代男性では「セダン」(17.5%)、40代男性では「ミニバン」(22.9%)や「SUV・クロカン」(17.7%)、50代女性では「コンパクトカー」(25.5%)が、他の年代と比べて高くなった。

オプション装備、どのくらいの金額をかけている?

ドラレコにかける金額がやや増加

車に付けるオプション装備について、費用をいくらかけているか聞いたところ、オプション装備を付けていて金額を把握している人の平均額は、「カーナビ」が10万4800円、「ドライブレコーダー」が2万2300円、「バックモニター」が2万8800円、「ETC車載器」が1万5300円であった。

昨年の調査結果と比較すると、ドライブレコーダーにかけている金額の平均額は、2018年2万400円、2019年2万2300円と、1900円の増加となった。ニュースなどでドライブレコーダーの有用性が紹介される機会が増えていることが、背景にあるのではないかと思われる。

また、主に運転している車のボディタイプ別のドライブレコーダーの搭載率は、SUV・クロカンが51.5%で最も高く、セダンは42.9%、ステーションワゴンは40.2%となった。

近場への移動手段として用いられることが多い軽自動車と比べ、遠出・レジャーにも使われる機会の多いボディタイプの車に、ドライブレコーダー搭載率が高いことがわかった。

ドラレコで重視する点は?

自分が運転する車にドライブレコーダーを付けている方321名に、ドライブレコーダーを選ぶ際に重視した点を聞いた。

結果は、1位「画質が良い」(50.5%)、2位「夜間でも映像を記録できる」(40.5%)、3位「前後の映像を記録できる」(32.7%)、4位「全方位の映像を記録できる」(27.7%)、5位「信号の色がはっきりと記録できる」(26.2%)となった。

万が一に備えて、画質はもちろん、さまざまな状況に備えることを意識して選んだ方が多いようだ。

車社会で恐怖を感じること

「あおり運転による事故」が昨年3位から1位に上昇

車社会で過ごすなかで、最近恐怖を感じること(※体験したことに限らず、ニュースなどで知ったことを含む)は何か聞いた。

1位は「あおり運転による事故」(64.5%)、2位は「ブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故」(53.1%)、3位は「高齢者・高齢運転者との事故」(52.6%)、4位は「飲酒運転による事故」(46.2%)、5位は「スマホ・携帯電話のながら運転による事故」(43.4%)となった。

あおり運転については、連日ニュースなどで大きく取り上げられたためか、多くの方が恐怖を感じることとして挙げていた。

同様の質問を行った昨年の調査結果と比較すると、「あおり運転による事故」(昨年3位から今年1位)や「高齢者・高齢運転者との事故」(昨年4位から今年3位)、「スマホ・携帯電話のながら運転による事故」(昨年8位から今年5位)などで順位が上昇した。

安全運転を心がけていそうなアニメキャラクターは?

実際に運転するシーンはあまりないけど…

安全運転を心がけていそうなアニメキャラクターを自由回答で聞いたところ、1位は「ドラえもん(ドラえもん)」(118件)、2位は「アンパンマン(それいけ!アンパンマン)」(80件)、3位は「フグ田マスオ(サザエさん)」(51件)、4位は「江戸川コナン(名探偵コナン)」(25件)、5位は「野原ひろし(クレヨンしんちゃん)」(22件)となった。

【動画】アニメ『サザエさん』放送50周年記念スペシャル コラボCM e-POWER篇

調査概要

■調査タイトル:2019年 全国カーライフ実態調査

■調査対象:ネットエイジアリサーチのインターネットモニター会員を母集団とする自家用車を所有し月に1回以上車を運転する18歳~59歳の男女(10代・20代、30代、40代、50代、男女各125名)

■調査期間:2019年10月16日~10月17日

■調査方法:インターネット調査

■調査地域:全国

■有効回答数:1000サンプル(有効回答から1000サンプルを抽出)

■実施機関:ネットエイジア株式会社

出展元:>>ソニー損保の自動車保険トップページ

この記事の画像ギャラリーはこちら
日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる