エンジン専門メーカーとEVメーカー GLMが協業|人とくるまのテクノロジー展2019名古屋

ユニバンスがGLMと機電一体型eアクスルを搭載したEV試験車両を開発

パワートレイン専門メーカーのユニバンスは電気自動車メーカーのGLMと協業し、機電一体型eアクスルを搭載したEV試験車両を開発した。

ユニバンスは2019年7月17日~同年7月19日に開催される「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」に出展、機電一体型eアクスルを搭載したEV試験車両を展示する。

>>どんな仕組み?走行モードの解説画像をみる(画像11枚)

機電一体型eアクスルとは

eアクスルはユニバンスのコア技術であるギアボックスと2基の機電一体型モーターを組み合わせたもので、2つのモーター出力と2系列のギア配列により4つの走行モードを実現した。2つのクラッチによってモードをシームレスに自動で切り換えることができるほか、車両の走行状態に応じてモーター効率の良い4つの走行モードを自動で選択し、低電費で高い走行性能を実現できる。

機電一体型モーターの採用によりコンパクトなユニットとなり、多様な車両レイアウトへ容易に対応が可能になった。

EV試験車両について

このEV試験車両はGLMの第1世代プラットフォームをベースに、前後にユニバンス開発のeアクスルをそれぞれ配置した四輪駆動EVとなっており、外装には「トミーカイラZZ」のFRPカウルを装備。2019年8月より走行試験を開始し、2025年までに機電一体型eアクスルの国内外の自動車メーカーおよび自動車部品メーカーでの量産採用を目指している。

「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」概要

■会期:2019年7月17日~同年7月19日

■開催時間:10:00~18:00

※19日のみ10:00~17:00

■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 柳生の庄
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる