MOTAトップ 記事・レポート 自動車ニュース エンジン専門メーカーとEVメーカー GLMが協業|人とくるまのテクノロジー展2019名古屋

自動車ニュース 2019/7/12 12:10

エンジン専門メーカーとEVメーカー GLMが協業|人とくるまのテクノロジー展2019名古屋

ユニバンスとGLMの協業 機電一体型eアクスルを搭載したEV試験車両を開発
ユニバンスとGLMの協業 機電一体型eアクスルを搭載したEV試験車両を開発ユニバンスとGLMの協業 機電一体型eアクスルを搭載したEV試験車両を開発ユニバンスとGLMの協業 機電一体型eアクスルを搭載したEV試験車両を開発ユニバンスとGLMの協業 機電一体型eアクスルを搭載したEV試験車両を開発画像ギャラリーはこちら

ユニバンスがGLMと機電一体型eアクスルを搭載したEV試験車両を開発

パワートレイン専門メーカーのユニバンスは電気自動車メーカーのGLMと協業し、機電一体型eアクスルを搭載したEV試験車両を開発した。

ユニバンスは2019年7月17日~同年7月19日に開催される「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」に出展、機電一体型eアクスルを搭載したEV試験車両を展示する。

>>どんな仕組み?走行モードの解説画像をみる(画像11枚)

機電一体型eアクスルとは

ユニバンスとGLMの協業 機電一体型eアクスルを搭載したEV試験車両を開発

eアクスルはユニバンスのコア技術であるギアボックスと2基の機電一体型モーターを組み合わせたもので、2つのモーター出力と2系列のギア配列により4つの走行モードを実現した。2つのクラッチによってモードをシームレスに自動で切り換えることができるほか、車両の走行状態に応じてモーター効率の良い4つの走行モードを自動で選択し、低電費で高い走行性能を実現できる。

機電一体型モーターの採用によりコンパクトなユニットとなり、多様な車両レイアウトへ容易に対応が可能になった。

EV試験車両について

ユニバンスとGLMの協業 機電一体型eアクスルを搭載したEV試験車両を開発

このEV試験車両はGLMの第1世代プラットフォームをベースに、前後にユニバンス開発のeアクスルをそれぞれ配置した四輪駆動EVとなっており、外装には「トミーカイラZZ」のFRPカウルを装備。2019年8月より走行試験を開始し、2025年までに機電一体型eアクスルの国内外の自動車メーカーおよび自動車部品メーカーでの量産採用を目指している。

「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」概要

■会期:2019年7月17日~同年7月19日

■開催時間:10:00~18:00

※19日のみ10:00~17:00

■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR