autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 子どもの安全性に究極に配慮した電動アシスト自転車「ギュット・クルーム」登場

自動車ニュース 2018/11/7 19:05

子どもの安全性に究極に配慮した電動アシスト自転車「ギュット・クルーム」登場

パナソニック サイクルテック株式会社との共同開発子育てモデルの電動アシスト自転車「ギュット・クルーム」2018年12月3日よりパナソニック サイクルテックから発売

コンビ株式会社は、子乗せ電動アシスト自転車のトップシェアを誇るパナソニック サイクルテック株式会社と共同開発した、初の子乗せ電動アシスト自転車「ギュット・クルーム」シリーズを2018年12月3日より発売する。価格は16万1784円~17万9064円(税込)。

子乗せ電動アシスト自転車の市場は年々拡大しており、当社ユーザー調査によると、購入にあたっては「子どもを安全・快適に乗せられること」が求められている。そこで同社は、ベビー用品メーカーとして長年培った技術を用いて、子どもの快適性を考えたチャイルドシートをパナソニック サイクルテックと共同で開発した。

本製品は、まるでお母さんの腕の中にいるような新設計のチャイルドシート「クルームシート」を搭載。

コンビが独自開発した3mの高さから卵を落としても割れない、超・衝撃吸収素材「エッグショック」を採用したクッションが頭部両サイドに内蔵され、子どもの頭を包み込むようにしっかり守る。

さらに、立体的に持ち上がった肩ベルト「ウェルカムベルト」は、手が通しやすいため子どもの乗せ降ろしが簡単にできる。

製品概要

コンビ独自開発の超・衝撃吸収素材「エッグショック」を搭載した「クルームシート」

パナソニック サイクルテック株式会社との共同開発子育てモデルの電動アシスト自転車「ギュット・クルーム」2018年12月3日よりパナソニック サイクルテックから発売

柔軟性のある素材を採用したグリップバー「ソフトグリップ」は、振動やうたた寝で子供が頭や歯をぶつけてしまった時の衝撃を和らげる。

ソフトグリップが、フルオープン設計になっているだけでなく立体的に持ち上がった肩ベルト「ウェルカムベルト」はタングが見つけやすく、子どもの手を通しやすい為、乗せ降ろしが簡単。

また、座面下のボタンを押してベルトを引くだけでベルトの長さ調節が簡単にでき、スムーズに体にフィットするため抜け出しを防げる。

子どもの快適性を追求した共同開発のアクセサリーも充実

■日よけ&レインカバー

子供が快適に過ごせるように、日差しや突然の雨から子供を守る。

■フットカバー

寒い日でも足元の冷気をガードして、体の冷えを防ぐ。

また、装着したままガードの開閉ができ、乗せ下ろしもスムーズ。

■シートクッション

通気性が良く、クッション性の高い座面を採用したことにより、路面の段差による振動・衝撃を和らげる。

■インナーシートセット

通気性が良く、簡単に取り外し&丸洗いができるため、清潔に保てる。

価格

・ギュット・クルーム・DX:16万1784円

・ギュット・クルーム・EX:17万9064円

※いずれも税込み

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR