autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ハーレーダビットソン 初の電動バイク「ライブワイヤー」を発表

自動車ニュース 2018/11/7 15:25

ハーレーダビットソン 初の電動バイク「ライブワイヤー」を発表

ハーレーダビットソン 「ライブワイヤー」
ハーレーダビットソン 「ライブワイヤー」ハーレーダビットソン 「ライブワイヤー」ハーレーダビットソン 「ライブワイヤー」ハーレーダビットソン 「ライブワイヤー」画像ギャラリーはこちら
ハーレーダビットソン 「ライブワイヤー」

ハーレーダビッドソンは、現在開催されているミラノ国際モーターサイクルショー(EICMA)で、同社初の電動バイク「ライブワイヤー(LiveWire)」の市販予定モデルを公開した。

これまでプロトタイプのみの限定公開だったライブワイヤーが、市販予定モデルとして公開されるのは初。なお、日本市場への導入の有無や導入時期、価格を含めた仕様の詳細は現時点で未定となっている。

◆「ハーレー」の電動バイク、燃料タンク部はどうなっている? 画像でチェック

ハーレーダビットソン ライブワイヤーの概要

ハーレーダビットソン 「ライブワイヤー」

ライブワイヤーは、低重心なボディ特性と高剛性アルミフレームやトラクションコントロールの採用により、電動バイクでありながらダイナミックな操作性を実現。特に都市のストリートライダー向けのパフォーマンスとレンジに合わせてチューニングされた。

足回りには、ライダーの好みに応じて調整可能な日本のショーワ製サスペンションと、ミシュランとの共同ブランド製タイヤ(180mmリア/ 120mmフロント)が装着されている。

電動バイクならではの特長として、クラッチ操作やギアシフトが不要なこともトピックの1つ。スロットルを回した瞬間に電動モーターが駆動し驚異的なトルクと加速を生み出す。加速時は、スピードに応じて音量とピッチが増していく電動モーターが生み出す、次世代のハーレーダビッドソンのサウンドを味わうことができる。

また、出荷時に標準設定される4つのファクトリーモードと、ユーザーが自ら設定できる3つのライディングモードから選択することで、ライダーは多様な乗り心地を味わえる予定だ。

2019年中に世界各国で発売予定のライブワイヤー。価格と詳細スペック、先行予約の情報は2019年1月に発表される予定となっている。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR