autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ボルグワーナー 武漢に工場を新設 HV・EVの生産を大幅に強化

自動車ニュース 2018/10/11 11:24

ボルグワーナー 武漢に工場を新設 HV・EVの生産を大幅に強化

ボルグワーナー 武漢に工場を新設 HV・EVの生産を大幅に強化

2018年10月9日 ボルグワーナー(本社:アメリカ)は、中国・武漢の武漢経済技術開発区に新設した生産工場の運用開始を祝う開所式をおこなった。

4万8,595平方メートルの土地に建設され、2万6,000平方メートルの床面積を誇るこの新施設には、生産、エンジニアリング、品質、営業、物流、総務、経理を含む、包括的な機能が統合されており、この新工場では、中国の内燃機関、ハイブリッド車(HEV)、EV市場からの需要の高まりに対応する取り組みの一環として、駆動モーター、P2モーター、ベルト・オルタネーター・スターターシステム、スターター、オルタネーター、関連コンポーネントを生産する予定である。

式典には、ボルグワーナーの経営陣および従業員と共に、地元当局者、顧客、サプライヤー、メディア代表者が招待され、テープカットや記念植樹などもおこなわれた。

武漢工場は、ボルグワーナーがレミー社を買収してから1年後の2016年に着工しており、この新工場は、旧レミー社の工場に近くの生産拠点を統合し、新しい生産ラインを追加したものである。

ここでは、元々の生産能力に加えて、駆動モーター、P2モーターのほか、EVおよびHEV向け製品を初めて現地で生産することになる。

地域社会や環境に配慮した方針を掲げるボルグワーナーの世界標準基準に基づき、効率的な製造施設として設計された武漢工場は、従業員に健全で快適な作業環境を提供し、地域社会と調和の取れた関係を築けるよう取り組んでいくとのこと。

同工場は現在、300人を超える従業員を雇用しており、5年以内に従業員数を倍増する見通しである。

ボルグワーナー社長兼事業本部長のステファン・デメール博士のコメント

これは、中国での当社の歴史における画期的な出来事だ。

この新工場は、内燃機関、HEV、EV向け製品の製造能力を大幅に向上させ、今後何年にもわたり持続的な成長を支える。

業界をリードする当社の技術とシステム統合力を生かし、地域に合わせた製造能力とエンジニアリング能力で、これからも中国のEVおよびHEVの顧客からの需要の高まりに対応していく。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR