autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ヨコハマ史上最高傑作アイスガード シックスのランフラットモデルを新発売

自動車ニュース 2018/10/9 14:53

ヨコハマ史上最高傑作アイスガード シックスのランフラットモデルを新発売

ヨコハマ史上最高傑作アイスガード シックスにランフラットモデルが登場

2018年10月1日、横浜ゴムは乗用車用スタッドレスタイヤ アイスガード シックスのランフラットモデルとしてアイスガード シックスZ・P・Sを発売することを発表した。サイズは275/40RF20 102Q、245/45RF20 99Q、245/50RF19 105Q XL、225/60RF18 104Q XLの全4サイズ。

価格はオープンプライスとなる。

アイスガード シックスZ・P・Sは昨年9月に発売したヨコハマ・スタッドレスタイヤの最高傑作 アイスガード シックスをベースに開発したランフラット・スタッドレスタイヤであり、同社のグローバル・フラッグシップタイヤ アドバンスポーツ V105のランフラットサイズにも搭載されているZ・P・S ビードフィラーが採用しれている。

Z・P・S ビードフィラーは、ビードフィラー小型化と2ndフィラーの組み合わせにより、ランフラット耐久に寄与し、さらに専用のプロファイル、構造を開発することで氷上性能、ウェット性能をはじめとすアイスガード シックスの優れた性能と空気が抜けた状態での耐久性を高次元で両立した。

また、横浜ゴムは独自開発のサイド補強型ランフラットタイヤZ・P・Sシリーズを展開しており、スタッドレスタイヤでは今回のアイスガード シックス Z・P・Sに加えアイスガード トリプル Z・P・Sを販売しているほか、グローバル・フラッグシップタイヤ アドバンスポーツ V105のランフラットサイズやV103系パターンを採用したアドバンスポーツ Z・P・Sを展開している。

ランフラットタイヤとは?

空気が抜けた状態でも一定速度で一定距離を走行できるタイヤであり、パンク時の走行安全性の向上、スペアタイヤ不要による車両の軽量化や省資源化のほか、車両ユーティリティー向上などのメリットがある。

なお、横浜ゴムのランフラット・テクノロジーを採用したタイヤは世界有数のプレミアムカーにも新車装着されており、BMWの新型X3および新型X4にはアドバンスポーツ V105の245/50R19 105W RSC、ダイムラーのメルセデス・ベンツGLAクラスにはC.drive2の235/50R18 97V MOEを納入している。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR