autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ミニバンオーナーの約8割が3列目をほとんど使っていないことが判明!【週間ランキングTOP5】

自動車ニュース 2018/6/2 10:30

ミニバンオーナーの約8割が3列目をほとんど使っていないことが判明!【週間ランキングTOP5】

今週のランキング
トヨタ 新型アルファード /2018年1月マイナーチェンジモデルトヨタ 新型アルファード /2018年1月マイナーチェンジモデルトヨタ 新型アルファード /2018年1月マイナーチェンジモデルトヨタ 新型アルファード /2018年1月マイナーチェンジモデル画像ギャラリーはこちら

みんなの関心が高かった自動車ニュースは!?

この1週間でよく見られていたオートックワンの記事ランキングを紹介します。

忙しくてなかなかチェックできなかったという方必見!これさえ読めば今話題のクルマ・最新情報がよくわかります!

フォトギャラリー>>人気ミニバンの室内空間や香取慎吾デザインの新型X2などを画像でチェック!(84枚)

1位:ミニバンの3列目ってみんな実際使ってるの?

トヨタ 新型アルファード /2018年1月マイナーチェンジモデル

ミニバンと言えば3列シートで7~8人乗りで荷物もたっぷり積めるので、ファミリーカーのイメージが強いと思います。とはいえ、4人家族なら3列目を使うことなく、2列目までで済んでしまいますよね。

では一体ミニバンオーナーさんの3列目使用頻度はどのくらいなのでしょうか。オートックワンユーザーさんの中でミニバンにお乗りの方にツイッターでアンケートを取ってみました。

すると、3列目をほとんど使っていない方が77%という結果に。友達家族などを乗せる機会がない限り、なかなか3列目を使用することはないようです。

詳しい結果や寄せられたエピソードなどは下記リンクよりご覧ください。

>>この記事を読む

2位:香取慎吾氏がラッピングを施した世界に1つだけのBMW 新型X2が公開

香取慎吾氏

ビー・エム・ダブリューのブランド・フレンドの香取慎吾氏による特別なラッピングが施された新型X2が六本木アートナイト2018のイベントで公開されました。

タレント活動だけでなく、表現者としてアートやデザインなど様々な分野において挑戦し続けている香取さんですが、「締め切りもあったので夜を徹して創作しましたが、多くの皆様に見ていただくアート制作だったので、皆様を想いながら一生懸命描きました」とコメントしています。

>>この記事を読む

3位:ホンダ シビック Type「P」!?英国紳士御用達、ホンダ製芝刈り機を積めるピックアップトラックに大変貌

ホンダ シビックType R プロジェクトP(UKホンダが製作したコンセプトカー)

英国ホンダが、イギリスで行われているSMMTのテストデーで、驚きのコンセプトカーを公開しました。なんと新型シビックType Rのピックアップトラックバージョンです。

”Project P”と銘打たれたコンセプトモデルは、イギリス・スウィンドン工場のプロダクトエンジニアリングチームが開発を行いました。ニュル北コース最速を誇るシビック Type Rの後ろ半分を切り落としたその姿は、さしずめシビック Type Pといったところでしょうか。

>>この記事を読む

4位:BMW 新型M4カブリオレが待望の日本初導入!価格は1380万円

BMW 新型M4カブリオレ

ビー・エム・ダブリューは、高性能スポーツカー「M4」のオープンモデル「M4カブリオレ」を、2018年5月24日より受注開始しました。納車は、2018年秋以降を予定しています。価格は1380万円(消費税込)。

M4は、サーキットでの最高の運動性能と日常走行における高い実用性を併せ持つ究極のドライビングマシン。M4のオープンモデルとなるM4カブリオレは、M3/M4のラインアップの中でもエンジン出力や走行性能を高めたコンペティションモデルであり、さらに爽快なオープンエアドライビングを愉しめる究極の一台となっています。

>>この記事を読む

5位:ETCの装着率ってどれくらい?つけてる・つけてないの理由は?

※写真はイメージです

高速道路の料金所を利用する際、最近ではETCレーンを利用する方が多いように見受けられます。しかし、一般レーンを利用する方も見かけるので、実際のところどれくらいの割合の方がクルマにETCを装着しているのか、ツイッターでアンケートを実施してみました。

すると、アンケートに回答してくれた約9割の方が、ETCを装着していることがわかりました。

詳細やエピソードなどは下記リンクよりご覧ください。

>>この記事を読む

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR