autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース レクサス 新型車ESが日本上陸!BMWを運転する香取慎吾がかっこいい!【週間ランキングTOP5】

自動車ニュース 2018/5/19 09:30

レクサス 新型車ESが日本上陸!BMWを運転する香取慎吾がかっこいい!【週間ランキングTOP5】

みんなの関心が高かった自動車ニュースは!?

この1週間でよく見られていたオートックワンの記事ランキングを紹介します。

忙しくてなかなかチェックできなかったという方必見!これさえ読めば今話題のクルマ・最新情報がよくわかります!

フォトギャラリー>>レクサス新型ESやBMWの発表会に登場した香取慎吾さんなどをドドーンとお届け(100枚超)

1位:レクサスESがついに日本初上陸!今秋発売予定の新型モデルはスピンドルグリルが新形状

レクサス ES【北京ショー2018】

レクサスは2018年4月、北京モーターショー2018において、新型ESを世界初公開しました。

ESは1989年にLSとともに、レクサス最初のラインアップとして誕生したモデルですが、日本ではかつてトヨタ ウィンダムとして販売されていましたが、ESとしては日本で発売されるのは今回が初めてとなります。また、ES初のスポーティグレード「Fスポーツ」も設定されます。

トヨタ ウィンダムの後継ということもあり、公開されるやいなや話題となった新型ESの内外装デザインの特徴を写真で紹介します。

>>この記事を読む

2位:愛車は手洗いする派?洗車機に入れる派?みんなの事情を聞いてみた

洗車機イメージ

突然ですが皆さんは愛車を手洗いしますか?洗車機にいれますか?「洗車=楽しい」という方もいますし、「洗車=めんどくさい」と感じる方もいると思います。

皆さんは手洗いをしているのか、それとも洗車機を使っているのかをツイッターアンケートでズバリ聞いてみました!

手洗い派の意見としては、『洗車機が信用できない』『洗車機は傷が付くと聞いてから使えない』。洗車機派の意見としては、『マンションだから』『コーティングしてるから洗車機で大丈夫』など様々な意見が寄せられました。

詳細は下記リンクからご覧ください。

>>この記事を読む

3位:香取慎吾氏がBMW 新型X2のムービーに出演…「新しい自分が始まる」瞬間を映像と音楽で表現

BMW X2のスペシャルムービーに出演する香取慎吾氏

ビー・エム・ダブリューは、2018年4月にBMWブランド・フレンドに就任した香取慎吾氏と新型X2との初のコラボレーションとなるスペシャル・コンセプト・ムービー「UNFOLLOW~THE ALL-NEW BMW X2 meets Shingo Katori~」を、BMW公式Youtubeおよび新型BMWX2スペシャル・サイトで公開しました。

ムービー最後の新型X2を運転する場面で、香取氏が自然と開放感に包まれた様子で自由を手に入れた瞬間を楽しんでいるような表情は必見です。

>>この記事を読む

4位:スズキ、新型スーパーキャリイ発売…キャビンを拡大して前後誤発進抑制機能を軽トラ初採用

スズキ スーパーキャリイ

スズキは、新型スーパーキャリイを2018年5月16日より発売しました。価格(消費税込)は、97万4160円~133万9200円です。

新型スーパーキャリイは、キャリイに追加設定した新型軽トラック。キャリイに対し、キャビンを後方へ拡大し室内空間を広くすることで、シートリクライニング機構の採用やシートスライド量を増やして、ゆとりある運転姿勢を可能としています。

また、安全装備として、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の誤発進抑制機能と後方誤発進抑制機能を軽トラックで初めて採用し、全車に標準装備しました。

>>この記事を読む

5位:ロールスロイス初のSUV「新型カリナン」を世界初公開…価格は約3100万円

ロールスロイス 新型カリナン

ロールスロイス初のSUVとなる新型カリナンが世界初公開されました。

新型カリナンのエクステリアは、ロールスロイスの伝統的なデザインを踏襲しつつ、オフロードSUVならではの力強さも兼ね備えています。

エンジンは6.75リッターのツインターボV型12気筒エンジンを搭載し、最高出力は571ps/420kW、最大トルクは850Nmを発揮。

イギリスでの価格は21万ポンド。日本円では約3103万円となる。(1ポンド=147.8円 2018年5月11日現在)

なお、日本での正式な価格については、6月に公表される予定です。

>>この記事を読む

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR