autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ローマ法王のランボルギーニ ウラカンがオークションで落札…日本円で約9400万円

自動車ニュース 2018/5/17 10:47

ローマ法王のランボルギーニ ウラカンがオークションで落札…日本円で約9400万円

オークションにかけられたフランシスコ法王のウラカン
オークションにかけられたフランシスコ法王のウラカン

モンテカルロのグリマルディ・フォーラムで開催されたRMサザビーズのオークションで、2017年11月27日にフランシスコ法王に贈呈されたランボルギーニ ウラカンRWDのワンオフモデルが、71万5000ユーロで落札された。日本円では約9400万円になる。

法王に贈られたランボルギーニ ウラカンRWDは、ランボルギーニのカスタマイズ部門であるアドペルソナムが製作を手掛けた特別モデル。バチカン市国の旗の色に敬意を表し、ビアンコ モノセルスの白をベースに、ウラカンのシルエットに沿ってジャッロティベリーノの黄色を施している。

>>ローマ法王のサインが入ったウラカン特別モデルの画像を見る

オークションの収益は全てフランシスコ法王に寄付され、その収益は以下の各種プロジェクトに割り当てられる予定となる。

・法王が関係する財団「Aid to the Church in Need(支援を必要とする教会を援助する会)」の後援の下で進められているニネベ平原の再建。このプロジェクトは、キリスト

教徒のコミュニティがイラクのニネベ平原に戻れるよう、住宅や公的施設、教会の再建を目的としている。

・人身売買等の被害を受けた女性を支援する「ヨハネ23世コミュニティ」によるPope Francis House Project(フランシスコ法王ハウス・プロジェクト)。2018年に、コミュニティ創設者オレステ・ベンツィ神父の10周忌と同コミュニティ創設50周年を迎えるにあたっての寄付となる。

・主にアフリカで、支援を必要とする女性と子供たちに重点を置いて何年も活動を続けてきたイタリアの団体、マルコ・ランツェッタ博士率いる「GICAM」と「Friends for Central Africa」。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ランボルギーニ ウラカン の関連編集記事

ランボルギーニ ウラカンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ランボルギーニ ウラカン の関連編集記事をもっと見る

ランボルギーニ ウラカン の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR