autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース まさかのアシンメトリーのクルマが登場!?DS X E-TENSEが未来すぎてカッコイイ!

自動車ニュース 2018/5/10 16:59

まさかのアシンメトリーのクルマが登場!?DS X E-TENSEが未来すぎてカッコイイ!

DS X E-TENSE
DS X E-TENSE

DS Automobilesは、2035年の未来の車を発表した。その名も「DS X E-TENSE」。

DSのデザイナー陣は、最新技術を余すことなく使い、豊かで詩的創造性に満ちたクルマづくりを追求した結果、息を呑むほど美しく、官能的かつ刺激的な車が誕生した。

2035年のドリームカーを思い描いた結果、DS Automobilesは、非対称の3人乗りというコンセプトを生み出した。このコンセプトは、2つの車を1つにするというユニークな発想から生まれた。

カーボンファイバー/レザーで仕上げたバタフライドアから運転席に乗り込むと、視線は自然と一人掛けシートのピラミッド型の造作に引きつけられる。

身体をしっかりと固定するレーシングカーのシートのように、ドライバーの体がぴたりと収まる構造になっており、リクライニング位置は車の重心を低く保ちやすいようになっている。

>>左右非対称のクルマ!?DS X E-TENSEの画像をもっと見る

ドライバーと同乗者の空間はカプセルで隔てられている

DS X E-TENSE

DS X E-TENSEは非対称の構造になっているため、左右で異なる雰囲気になる。ガルウィングドア(両側はね上げドア)から車内のコクーン(個室空間)に入れば、ドライバーも同乗者も外界とは隔てられる。

非対称のレイアウトによって、クリアガラスのキャノピーの下にはそれぞれ異なるタイプの別個の空間が生まれ、乗る人は心地良いカプセルに包まれ、通気性の良いマッサージシートで寛ぐことも可能だ。

自動運転モードでの走行も可能で、操作はタッチのみで完結、ダッシュボードの位置に搭載されたハイファイサウンド・バーで音楽を楽しむことができる。

サーキットモードでは1360馬力を発揮

全電動型のDS X E-TENSEの電源として前輪の内側に2台のモーターを組み込んでいる。道路上での最大出力は400kW(540馬力)に達し、サーキットモードでは1000kW(1360馬力)にまで上昇する。

カーボンファイバー製シャーシは、画期的なスプリングとトーションバーの上に設置されており、また、トラクション、グリップ、減速は、道路表面がどのような状態でも最適なパフォーマンスを発揮できるように最新の作動システムで制御されている。

新技術によって、ボディは衝撃を受けても元の形に戻ることができ、フロントグリルの形状は路面の状態に合わせて変化する。また、DS LIGHT VEILのライトカーテンにより、ライトの明るさは、乗る人、車、周囲の状況に合わせて調節することができ、車内の温度も乗る人にとって快適に保たれる。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

シトロエン の関連編集記事

シトロエンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

シトロエン の関連編集記事をもっと見る

シトロエン の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR