autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 最高速度325キロの最強パトカー「ランボルギーニ ウラカン ポリツィア」の走行動画がめちゃくちゃかっこいい!【動画アリ】

自動車ニュース 2018/4/26 11:57

最高速度325キロの最強パトカー「ランボルギーニ ウラカン ポリツィア」の走行動画がめちゃくちゃかっこいい!【動画アリ】

ランボルギーニ ウラカン ポリツィア/イタリアのパトカー

イタリアのパトカー「ランボルギーニ ウラカン ポリツィア」には、610馬力を発生する5.2リッターのV10エンジンを搭載し、最高時速は325km/hに達すると言われています。

以前オートックワンで紹介した際に、「これはやばい」「追われてみたい」「さすがイタリア」「カッコ良すぎる」など大反響の様子でした。

>>カッコ良すぎる!ランボルギーニ ウラカン ポリツィアを画像で見る

今回はそんな「ランボルギーニ ウラカン ポリツィア」の走行動画を入手したので紹介します。

残念ながら325キロで走行するシーンはありませんが、普通に走っているだけでもめちゃくちゃかっこいいです!

ウラカン ポリツィア

ウラカン ポリツィアの車体は、イタリア警察の公式カラーであるポリス・ミディアムブルーと白。ウラカンのダイナミックなルックスに合うように特別に製作されたレタリングが施されています。車体の両サイドにはイタリア国旗の3色のストライプがあしらわれています。

また、ウラカン・ポリツィアにもすべてのランボルギーニ車と同様にピレリ「Pゼロタイヤ」が装着され、サイドウォールには特別に製作された警察カラーのポリス・ミディアムブルーがペイントされています。

そして、心臓部には標準モデルと同様の610HPのV10エンジンが搭載されており、全輪駆動でシャーシはアルミニウムとカーボンファイバーのハイブリッド型となっています。このような優れた特性により、最高速度での走行時でさえも最高の性能と最大限の安定性が提供されるんですね。

最先端の装備

パッセンジャー・コンパートメントには最先端技術を採用。コンピュータ、記録装置、ビデオカメラ付きのタブレットを備えた車載システムで、路上での活動を記録しています。

従来の装備

これらの最先端の装備に加え、従来のパトカー装備であるガン・ホルスター、携帯用消火器、標準VHF警察無線、車両安全停止用の一時停止標識(従来型の赤白カラー)を固定するフックも備えている。

医療支援と臓器輸送

ウラカン・ポリツィアの最も重要な任務は医療支援です。そのため、クルマのフロントのコンパートメントには移植用臓器を緊急搬送するための特殊な冷蔵システムが搭載されています。

また、けが人の応急措置をするために、重度の不整脈や心室細動が起こった際に電気ショックで心拍を取り戻し救命するAEDも搭載しているそうです。

ランボルギーニ ウラカン の関連編集記事

ランボルギーニ ウラカンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ランボルギーニ ウラカン の関連編集記事をもっと見る

ランボルギーニ ウラカン の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!