autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、5種のe-POWERと3種のEVを2022年度までに発売…デジタル戦略で顧客満足向上へ

自動車ニュース 2018/4/23 10:38

日産、5種のe-POWERと3種のEVを2022年度までに発売…デジタル戦略で顧客満足向上へ

日産 セレナe-POWER

日産は、中期計画「Nissan M.O.V.E. to 2022」の重要な柱である国内市場の事業計画を発表した。日産は、国内市場を「ニッサン インテリジェント モビリティ」の技術の進化をリードする市場と位置づけている。

電動化の拡充

日産は、国内市場において2022年までに電動化を積極的に拡大していく。2022年度末までに、新型電気自動車3車種とe-POWER搭載車5車種を国内市場に投入する予定で、これにより、2022年度までに国内の販売台数に占める電動駆動車の販売が40%になると見込んでおり、さらに2025年度までには国内の販売台数の2台に1台以上が電動駆動車になる見通しとしている。

同社は、車両の電動化を加速させてCO2排出量削減をリードするだけでなく、「ニッサン インテリジェントモビリティ」が目指す「ゼロ・エミッション」と「ゼロ・フェイタリティ」の社会を実現していく。

日本・アジア・オセアニア事業担当副社長のダニエレ スキラッチ氏は、「『ニッサン インテリジェント モビリティ』の普及にあたり、国内市場が最も進んだ市場となることを誇りに思います。同ビジョンは、お客さまの生活を豊かにする技術やサービスを提供することでお客さまの体験を向上するだけでなく、中期計画『Nissan M.O.V.E. to 2022』を通じて当社の安定した利益成長を可能にします。」と述べた。

販売ネットワークとデジタル戦略の刷新による顧客満足の向上

「ニッサン インテリジェント モビリティ」を販売やネットワークにも拡大していく。ユーザーの商圏をもとに、新しい新型店舗フォーマットを構築。ウォークイン型店舗とブランド体験型店舗を新設して、「ニッサン インテリジェント モビリティ」技術の体験機会を提供する。

また、車の購入検討からアフターセールスまで、ユーザーとの全てのタッチポイントをデジタルで進化させていく。従来の断片的なサービスから、一人ひとりに必要な時に必要なサービスを提供できる体制を構築して、顧客満足度向上を目指す。

日産の日本事業担当専務執行役員である星野朝子氏は、「当社は、新しい店舗フォーマットとデジタル化されたタッチポイントを通じて、お客さまとパーソナライズされたコミュニケーションを構築していきます。そして、お客さまにシームレスで質の高いサービスを提供し、お客さま満足の向上を目指します。」とコメントした。

カーシェアリングサービスの拡大

日産のカーシェアリングサービス 「NISSAN e-シェアモビ」

「ニッサン インテリジェント モビリティ」を気軽に安心して快適に体験できる「NISSAN e-シェアモビ」は、利用者から高い評価を受けている。日産は、シェアリングサービスを「ニッサン インテリジェント モビリティ」を体感できる機会の提供と位置づけ、今後もカーシェアリングサービスの普及を加速させていく。

星野氏は、「カーシェアリングは、日本において新たなモビリティサービスの基盤構築に不可欠です。2018年度末までに、カーシェアリングサービスを現在の30ステーションから500ステーションに拡大していきます。」と付け加えた。

日産は、中期計画「Nissan M.O.V.E to 2022」において、最終年度までに、8%の営業利益率を確保しながら、年間売上高を12兆8000億円から16兆5000億円へ増加させることを目指している。「ニッサン インテリジェント モビリティ」への投資を行いながら、日本、中国、米国、メキシコにおいて安定した収益成長の実現に取り組み、また、ブラジル、ロシア、インド、アルゼンチン、およびインフィニティ、ダットサンブランドに行ってきた投資成果の刈取りを進めていく。

欧州、中東、アセアンにおいては、各ブランドが持つポテンシャルの最大化を図ります。また、この計画の最終年度までに、年間100万台の電動駆動車(e-POWER搭載車およびEV)を販売し、電動化、自動運転、モビリティサービスにおけるリーダーを目指す。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

日産 リーフ の関連編集記事

日産 リーフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 リーフ の関連編集記事をもっと見る

日産 リーフ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR