autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産 リーフの国内販売台数が10万台を突破…世界でも”一番売れている電気自動車”に

自動車ニュース 2018/4/20 19:27

日産 リーフの国内販売台数が10万台を突破…世界でも”一番売れている電気自動車”に

日産 リーフ(2代目)

日産は、電気自動車「リーフ」の初代モデルからの国内累計販売台数が10万台を突破したと発表した。

持続可能なゼロ・エミッション社会に向けた世界初の量産型電気自動車として2010年12月に初代リーフが発売された。2017年10月にフルモデルチェンジを果たし、2代目モデルはゼロ・エミッションである事に加え、初代リーフより蓄積してきたノウハウを活用して電動パワートレインならではのシームレスでパワフルな加速、低重心を活かした軽快なハンドリングを実現。さらに、プロパイロットやプロパイロット パーキングなどの自動運転化技術やe-Pedal(イー・ペダル)などの革新技術を搭載している。

なお、リーフは、これまでにグローバルで累計30万台以上を販売し、電気自動車での販売台数は世界トップとなっている。

日産は、企業活動から排出されるCO2の削減に加え、2050年までに新車のCO2排出量(Well to Wheel)を2000年比で90%削減するという長期ビジョンを10年前に掲げ、活動を続けている。また、このリーフを始めとしたゼロ・エミッション車の普及や、クルマから家庭へ電力を供給するLEAF to Home、使用済みバッテリーを再利用した再生可能エネルギーの導入、他社や自治体との連携による充電器普及など、包括的なゼロ・エミッション社会構築に向けた様々な活動を行っている。

日産自動車 専務執行役員の星野朝子氏は、「ホームマーケットである国内市場で、リーフが累計10万台を販売したことを嬉しく思います。この実績は、商品力や技術力のみならず、リーフの素晴らしさに感動し、共感して下さったお客さまが大勢いらっしゃったからこそ成し得たものです。電気自動車の時代が来た今、私たち技術の日産は、ニッサン インテリジェントモビリティの取り組みをさらに推進し、支えてくださったお客さまの期待を裏切ることなく、これからも最高の商品やサービスを継続してまいります。」とコメントした。

国内市場における日産 リーフの歩み

日産 リーフ(初代)

2010年12月 初代リーフ発売 24kWhバッテリー搭載、航続距離200km

2012年5月 LEAF to Homeの市場導入を発表

2012年11月 マイナーチェンジ 大幅な軽量化や回生性能の向上などにより 航続距離228kmに

2013年9月 国内累計販売台数 3万台突破

2015年12月 マイナーチェンジ 航続距離280kmに

2017年10月 フルモデルチェンジ 新型モデル発売 航続距離400kmを達成

2018年3月 グローバル累計販売32万台突破

※上記航続距離はいずれもJC08モード

日産 リーフ の関連編集記事

日産 リーフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 リーフ の関連編集記事をもっと見る

日産 リーフ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!