マツダ、次期アクセラに搭載予定の新型ガソリンエンジン「スカイアクティブX」がエジソン賞の金賞

マツダの次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブ エックス)」が、米国ニューヨークで開催された2018 Edison Award(エジソン賞)の表彰式でEngine Enhance(エンジンエンハンス)部門の金賞を受賞した。

Edison Awardは、世界中の革新的な製品やサービス、ビジネスリーダーを表彰し、その栄誉を称える国際的な賞である。同賞はアメリカ・マーケティング協会によって1987年に創設され、2008年からは独立機関が主催しており、自動車業界だけでなく各業界で変革を起こしている国際的企業の製品・サービスなどから選出される。

今回受賞した次世代ガソリンエンジン「スカイアクティブX」は、マツダ独自の燃焼方式「SPCCI(Spark Controlled Compression Ignition:火花点火制御圧縮着火)」により、ガソリンエンジンにおける圧縮着火の実用化に世界で初めてめどを付けた画期的な内燃機関である。燃費改善率は現行ガソリンエンジンの「SKYACTIV-G」比で最大で20~30%、トルクは全域で10%以上、最大で30%改善する見込みであり、環境性能と走りの楽しさの両方を飛躍的に高めるという。

なお、マツダは、このスカイアクティブXエンジンを搭載した新型アクセラを、2019年以降に全世界で順次導入する予定である。

>>新型アクセラのデザインはどうなる?画期的なガソリンエンジン「スカイアクティブX」の画像を見る

新型アクセラは東京モーターショーで公開された「魁 CONCEPT」

東京モーターショー2017では、新型アクセラのコンセプトモデルとなる「魁(かい)CONCEPT」が公開されている。

魁 CONCEPTは、パフォーマンスフィールや乗り心地、静粛性など、全方位で飛躍的に洗練されたダイナミクス性能に加え、深化した魂動デザインが特徴。

次世代ガソリンエンジン「スカイアクティブX」に加え、次世代車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」を搭載している。

この記事の画像ギャラリーはこちら
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ウブドの森 伊豆高原
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

マツダ アクセラの最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ アクセラのカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ アクセラの中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ アクセラの記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ アクセラのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる