MOTAトップ 記事・レポート 自動車ニュース マセラティ、漆黒のネリッシモエディションをギブリ&クアトロポルテ&レヴァンテに設定【ジュネーブショー2018】

自動車ニュース 2018/3/14 16:46

マセラティ、漆黒のネリッシモエディションをギブリ&クアトロポルテ&レヴァンテに設定【ジュネーブショー2018】

マセラッティ ギブリ ネリッシモエディション

マセラティは、ギブリ、クアトロポルテ、レヴァンテを漆黒に染めたネリッシモ・エディションをジュネーブショー2018で発表した。

ブラックはエレガントの極みであると同時に、傑出したスポーツ性能を表現し、マセラティブランドのDNAを的確に捉えている。このコンセプトから、Nerissimo(ネリッシモ、イタリア語で「黒」を表す「Nero」の最上級としての造語)が誕生した。

>>漆黒がかっこいい!ネリッシモ・エディションのギブリ・クアトロポルテ・レヴァンテを画像でチェック!

エクステリアの特徴

今回発表されたネリッシモ・エディションはギブリ、クアトロポルテ、レヴァンテそれぞれのグランスポーツトリムのオプションとして設定される。 いずれもその外観は魅力的で深みのあるブラックボディを纏い、グリルフレーム上部とトライデントロゴ、サイドエアベントフレーム、ブーツ、Cピラーとリアのバッジがブラッククロームで、そしてフロントグリルのバー、ドアハンドル、エグゾーストパイプ、ウィンドウフレームは、黒で仕上げられている。

ギブリとクアトロポルテには、LEDヘッドライトがダークカラールックとなるのに加え、ホイールにはブラック仕上げの20インチウラーノまたは21インチトロフェオが設定される。

レヴァンテには、さらにフロントアンダーボディとリアアンダーボディプロテクション、ブラックフォグライトリングなどのオプションが選択可能。ホイールは、ブラック仕上げの20インチネレオ、20インチエフェスト、21インチアンテオのいずれかから選択することができる。

インテリアの特徴

レヴァンテ  ネリッシモエディション

ギブリのインテリアは、ヒーティング機能を備えたスポーツシートおよびスポーツステアリングホイール、ダークミラー仕上げのインテリアトリムが装備される。またオプションでブラックピアノまたはカーボンファイバートリムも設定される他、プライバシーガラスや電動式リアブラインドも選択可能。

クアトロポルテのインテリアトリムには、ブラックピアノまたはカーボンファイバートリムのいずれかが選択可能で、プライバシーガラス、サラウンドビューモニターを装備している。また、シフトブーツ、ホームリンクシステム、キーレスエントリーのリアドアを含むように拡張されている。

レヴァンテは、フロントとリアのヒーティング機能付スポーツシート、4ゾーンクライメートコントロール、フットペダル、イージーエントリーシステムを備えている。

なお、2018年5月に日本導入される予定となっている。

>>漆黒がかっこいい!ネリッシモ・エディションのギブリ・クアトロポルテ・レヴァンテを画像でチェック!

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

マセラティ ギブリ の関連編集記事

マセラティ ギブリの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マセラティ ギブリ の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR