autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フェラーリ史上最強V8ターボエンジン搭載の新型488 Pistaを世界初公開【ジュネーブショー2018】

自動車ニュース 2018/3/7 11:57

フェラーリ史上最強V8ターボエンジン搭載の新型488 Pistaを世界初公開【ジュネーブショー2018】

フェラーリ 新型488 Pista(ピスタ)

フェラーリは、2018年3月6日に開幕したジュネーブ国際モーターショー2018において、新型488 Pista(ピスタ)を世界初公開した。

>>世界初公開されたばかりの新型488 Pistaを画像で見る(23枚)

新型488 Pistaは、フェラーリ史上最もパワフルなV8エンジンを搭載し、サーキットで培った技術を惜しみなく注ぎ込んだスペシャルシリーズスポーツカーの最新モデルである。フェラーリが誇る比類無きモータースポーツの伝統をダイレクトに表現すべく、イタリア語でサーキットの走路(トラック)を意味する「Pista」がモデル名に選ばれた。

技術面では、488 Challengeと488 GTEが世界各国のサーキットで積み上げてきたすべての経験が新型488 Pistaに注ぎ込まれた。搭載されるエンジンには、488 Challengeの開発で培った多くのソリューションが採用されている。

フェラーリ史上最強V8ターボエンジン

フェラーリ 新型488 Pista(ピスタ)

新型488 Pistaに搭載されるV8エンジンは、8000rpmで720cvの出力を発揮し、比出力はこのクラス最高の185cvを達成した。一方、トルクはすべての回転域でこれまで以上に強大で最大770Nmに達する(488 GTBより10Nm以上増大)。0-100km/h加速は2.85秒、0-200km/h加速は7.6秒、最高速度は340km/hにも達する。

この最新進化型ターボエンジンは、2016年と2017年にインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーに輝いた、フェラーリの史上最もパワフルなV8エンジンをベースに開発されている。

488 GTB と比べて50cvという大幅な出力向上は、歴代フェラーリスペシャルシリーズカーの中でも最も大きな飛躍で、先代モデルの458 Specialeを115cvも上回る。つまり、この新型V8エンジンは、ターボチャージャー搭載のパワーユニットに限らず、すべてのエンジンのベンチマークとなる性能を実現させたのである。

エアロダイナミクス効率は20%も向上

488 GTE のように前方ではなく、後方に傾斜させて搭載したインバート型ラジエター冷却システムもChallenge 由来のテクノロジーで、高温ストレス時にも冷却効果を改善し、最適な性能を維持する。

新型488 Pistaのエアロダイナミクスも488 GTEとF1での経験が生かされている。具体的には新導入のフロントのSダクト、そしてリアスポイラーおよびディフーザープロフィールなどで、488 GTBに比較してエアロダイナミクス効率を20%も向上させた。

それ以外にも、488 Challengeで初採用したリチウムバッテリー、フェラーリ初となるカーボンファイバーホイールリムなど、サーキットで生まれた新技術や新素材を惜しみなく導入することによって、488 Pistaは Ferrari 488 GTB よりも90kgも軽量化されている。

詳細はこちら>>フェラーリ、世界初公開を控えた新型488 Pistaを先行公開

フェラーリ の関連編集記事

フェラーリの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フェラーリ の関連編集記事をもっと見る

フェラーリ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!