autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フェラーリ、新型GTモデル「ポルトフィーノ」を日本初公開…価格は2530万円

自動車ニュース 2018/2/22 10:55

フェラーリ、新型GTモデル「ポルトフィーノ」を日本初公開…価格は2530万円

フェラーリ ポルトフィーノ(Ferrari Portofino)

フェラーリ・ジャパンは、2017年のフランクフルト国際モーターショーでワールドプレミアを果たした「Portofino(ポルトフィーノ)」を、2018年2月19日に日本初公開した。価格は、2530万円(消費税込)。

ポルトフィーノは、ラグジュアリー性、多用途性、快適な乗り心地のすべてを叶えた、このセグメントに新境地をひらく新型GTである。

>>新型ポルトフィーノを画像で見る(31枚)

フェラーリV8ターボを搭載

フェラーリ ポルトフィーノ(Ferrari Portofino)

ポルトフィーノは、リグーリア州リビエラの最も魅力的な街のひとつ、ポルトフィーノにちなんでネーミングされた。長年にわたりポルトフィーノは、エレガンスと唯一無二の気品あふれる景勝地の象徴として世界的に知られている街である。その名を冠したフェラーリのポルトフィーノは、GTレンジで最も多用途性に優れたモデルとなった。

ポルトフィーノには、2016年と2017年に2年連続で「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」を受賞したエンジンファミリーの一員であるフェラーリV8ターボを搭載。出力600cv、0-100km/h加速がわずか3.5秒というパワーと俊足を誇る。

コンポーネントの採用とエンジン制御ソフトウェアの見直しにより、California Tのパワーユニットよりも出力は40cv向上している。また、フェラーリならではのV8エグーゾストサウンドをオープントップでの走行時に堪能できるよう、さらなるチューニングが施されている。

クーペからわずか14秒でオープントップへ

また、リトラクタブルハードトップを搭載したクーペコンバーチブルでは前例のないツーボックスファストバック構成のアグレッシブスタイルを採用している。これによってシルエットはさらにスマートになり、スポーツ性を際立たせることにも成功した。

低速走行中であっても、わずか14秒で本格的なベルリネッタ(クーペ)からオープントップスパイダーへと姿を変える。

そして、ビークルダイナミクス特性も完全に見直され、このクラスのモデルとしては初搭載となる第3世代の電子リアディファレンシャル(E-Diff3)は、F1-Tracとの組み合わせにより、メカニカルグリップだけではなく、限界域での車輌コントロールも改善させた。

また、ポルトフィーノは、EPS(エレクトリック・パワー・ステアリング)を装備した、このクラスでは初めてのGTである。EPSとE-Diff3とを統合することで高速走行時の安定性を犠牲にすることなくステアリングレシオを7%引下げ、ステアリングレスポンスをさらに向上させた。

磁性流体(MR)ダンピングシステム(SCM-E)は、デュアルコイルテクノロジーの採用によってロールを抑え、荒れた路面における衝撃吸収能力の向上に貢献している。その結果、ポルトフィーノは極上の乗り心地を備えたよりダイナミックかつレスポンスに優れた車輌となった。

フェラーリ ポルトフィーノ(Ferrari Portofino)

インテリアでは、乗車快適性に重点を置いた新機能として、10.2インチタッチスクリーン画面のインフォテインメントシステム、ルーフを開いた時も閉じた時でも快適性を向上させる新エアコンシステム、新型ステアリングホイールを装備している。

このほか18通りに調整可能な電動シートも搭載し、新デザインバックレストの採用によってリアパッセンジャーの足元のスペースを格段に拡げた。また、パッセンジャーディスプレーも装備している。

関連記事:フェラーリ、スポーティでエレガントな新型ポルトフィーノを世界初公開【フランクフルトショー2017】

フェラーリ の関連編集記事

フェラーリの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フェラーリ の関連編集記事をもっと見る

フェラーリ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!