autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 市販SUV最速!ランボルギーニ 新型SUV“ウルス”を写真で見る【68枚】

自動車ニュース 2018/2/21 10:52

市販SUV最速!ランボルギーニ 新型SUV“ウルス”を写真で見る【68枚】

最高速度は市販SUVでNo.1!

ランボルギーニは、同社初のSUVとなる新型ウルスを2018年2月6日に日本初公開しました。日本では2018年春に納車予定で、価格は2780万円(消費税込)と、3000万~5000万円のスーパーカーをラインアップしているランボルギーニにしてはお手頃価格!?かもしれません。

新型ウルスは、650馬力を発揮する新型のアルミニウム製4リッターV型8気筒ツインターボエンジンをフロントに搭載。ターボエンジンはランボルギーニ初採用だそう。

0-100km/h加速は3.6秒、0-200km/h加速は12.8秒。最高速度は市販されているSUVの中で最速となる305km/hと驚異的な性能を実現しています。

今回は、誰もが気になるランボルギーニ初のSUV「新型ウルス」を写真でじっくり紹介します。

>>新型ウルスの内外装デザインを写真でチェック!(画像68枚)

エクステリア

ランボルギーニ 新型ウルスランボルギーニ 新型ウルス

新型ウルスのエクステリアは、LM002やランボルギーニの伝統の基本となるスーパースポーツカーからヒントを得ており、全体の2/3がボディ、残りの1/3が窓という、ランボルギーニスーパースポーツカーの比率を採用しています。

新型ウルスのフロントデザインは、ボンネットが盛り上がっており、ミウラとアヴェンタドールを思い起こさせます。これに加え、ランボルギーニの特徴である斜めのフードラインがアクセントになっています。

そして、フロントライトは流線型で細長くスポーティな印象。馴染みのあるランボルギーニのY字形LEDヘッドライトを採用しています。

また、六角形のテーマを表す大きなエアインテークは、低い位置のフロントスポイラーに接続され、新型ウルスの空気力学的効率と高いパフォーマンス性能をさらに強調しています。

>>新型ウルスのエクステリアデザインをもっと見る

インテリア

ランボルギーニの新型SUV ウルスランボルギーニの新型SUV ウルス

新型ウルスのインテリアは、スポーティでありながらラグジュアリーなデザインとなっています。シートポジションは低い位置にありながらも快適さを実現。

キャビン内のコックピットコントロールはドライバーの手に届く位置に設定。ドライバー側に向いた、ダッシュボードの細いY字形デザインは、上昇するセンターコンソールに連結しています。

これはLM002やランボルギーニスーパースポーツカーにインスパイアされたもの。エアベントやドアハンドルなどのエレメント、さらにはカップホルダーやエアバッグモジュールといったアイテムにまで、ランボルギーニのテーマである六角形が室内全体に施されています。

>>新型ウルスのインテリアデザインをもっと見る

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ランボルギーニ の関連編集記事

ランボルギーニの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ランボルギーニ の関連編集記事をもっと見る

ランボルギーニ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR