autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ロールス・ロイス初の高級SUV「カリナン」を2018年夏発表

自動車ニュース 2018/2/14 17:20

ロールス・ロイス初の高級SUV「カリナン」を2018年夏発表

ロールスロイスのSUV「カリナン」

ロールス・ロイスは、同社初の4輪駆動SUV「カリナン」を2018年夏ごろに発表することを明らかにした。なお、日本においても2018年内に発表される予定になっている。

新型カリナンは、最近発表されたロールス・ロイス独自のアルミニウム製スペースフレーム構造である『アーキテクチャー・オブ・ラグジュアリー』を採用した2番目のモデル。新型カリナンは、砂漠や雪道、深い谷や峡谷など、あらゆる地形で快適に走行できるように開発された。

なお、「カリナン」という車名は、南アフリカで採掘された世界最大のダイヤモンドから命名された。

ロールスロイスのSUV「カリナン」

ロールス・ロイス・モーター・カーズ代表取締役社長のトルステン・ミュラー・エトヴェシュ氏は、「カリナンという名前は数年前からプロジェクト名称として公表していたものですから、灯台もと暗しというところでしょうか。しかし、この驚くべき製品に最もふさわしい名前と言えるでしょう。なぜなら、この車は明確な目的、非の打ちどころのない品質と高い価値、きわめて大きな存在感によって、真正なるラグジュアリーが持つスケールと可能性を見直すものとなるからです。これまで発見された中でも最大のフローレスダイヤモンド、「カリナン」と同じく、それは完璧な姿で現れ、他のすべてを圧倒するのです。」とコメントした。

「我々は、カリナンダイヤモンドを育んだ大自然の素晴らしさにインスパイヤされました。カリナンという名前は、この新型車が踏まえる思想の多くの側面を具現するもので、最大の圧力を受けても怯まぬ耐久性や絶対の堅実性、希少性と尊さ、チャールズ・ロールズのパイオニア精神、冒険精神、サー・ヘンリー・ロイスの技術革新性、そしてむろんのこと、世界のどこを走っても際立つ絶対のラグジュアリーを表現しています。」(ミュラー・エトヴェシュ氏)

「カリナン」ダイヤモンドについて

「カリナン」ダイヤモンドは1905年、南アフリカ・マガリーズバーグ山地深くの鉱山で採掘されたもので、3106カラットと、これまで発見された中で最大のダイヤモンド。「カリナン」のダイヤモンドは9石に劈開されて研磨された。最も大きな2石は、大英帝国王冠と十字架付きの王笏に飾られている。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ロールスロイス の関連編集記事

ロールスロイスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ロールスロイス の関連編集記事をもっと見る

ロールスロイス の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR