autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ、あと8年でエンジンのみの新車ゼロに

自動車ニュース 2017/12/18 17:48

トヨタ、あと8年でエンジンのみの新車ゼロに

トヨタ プリウスPHV
トヨタ プリウス 特別仕様車

トヨタは、「持続可能な社会の実現への貢献」と「お客様の笑顔のためのモビリティの提供」を目指し、「もっといいクルマ」「いい町・いい社会」づくりに取り組んでいる。

これらの具現化に向け、「安全・安心」「感動」「環境」といった価値を創造し、ユーザーのニーズに合った商品を提供していく施策の一環として、ハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、電気自動車(EV)、燃料電池自動車(FCV)といった電動車の開発・展開を軸とした、2020年代~2030年までの電動車普及に向けたチャレンジを公表した。

車両電動化全般

・2030年に、グローバル販売台数における電動車を550万台以上、ゼロエミッション車であるEV/FCVは、合わせて100万台以上を目指す

・2025年頃までに、HV/PHV/EV/FCVといった電動専用車およびHV/PHV/EVなどの電動グレード設定車の拡大により、グローバルで販売する全車種を、電動専用車もしくは電動グレード設定車とする。これにより、エンジン車のみの車種はゼロとなる

EV/FCV

・EVは、2020年以降、中国を皮切りに導入を加速し、2020年代前半には、グローバルで10車種以上に拡大する(中国に加え、日本・インド・米国・欧州に順次導入)

・FCVは、2020年代に乗用車・商用車の商品ラインアップを拡充する

HV/PHV

・HVは、トヨタハイブリッドシステム(THS II)を高性能化するとともに、ハイパワー型、簡易型など多様なハイブリッドシステムを開発し、様々なニーズに合わせて商品ラインアップを拡充する

・PHVは2020年代に商品ラインアップを拡充する

トヨタは、「地球温暖化」「大気汚染」「資源・エネルギー問題」という地球環境問題に真剣に取り組んでおり、これらの社会課題の解決のためには、燃料の効率的利用と代替燃料の利用促進に有効な車両の電動化が不可欠であると考えている。

2015年10月に発表した、持続可能な社会の実現に貢献するための「トヨタ環境チャレンジ2050」では、2050年にグローバルでの新車平均走行時のCO2排出量を、2010年比で90%削減する「新車CO2ゼロチャレンジ」を設定しており、今回の電動車普及に向けたチャレンジは、その達成に向けた中長期施策の一つである。

トヨタは従来より、電動車の開発・市場投入を積極的に進めており、1997年には電動車の先駆けとなったプリウスを発売し、以来20年にわたり普及に取り組んでいる。

トヨタ MIRAI

2012年に投入したプリウスPHVは、2017年にEVモード走行距離を大幅に拡大した2代目を発売した。また、2014年には量産FCVのMIRAIを日本で発売し、その後、米国・欧州でも発売した。

こうした取り組みにより、トヨタが世界で販売した電動車は、累計1100万台を超えている。

今後、さらに多くのユーザーにより良い電動車をお届けするため、電動車のコア技術の一つである電池については、次世代電池として性能向上が期待される全固体電池を2020年代前半での実用化を目指し開発を進めている。また、業界ナンバーワンの車載用角形電池を実現し、トヨタのみならず、広く自動車メーカーの電動車の普及に貢献すべく、パナソニックと車載用角形電池事業の協業内容を検討していく。

また、電動車の普及を支える社会基盤の整備にも力を入れていく予定で、具体的には、電池のリユース・リサイクルの仕組みづくりや、充電ステーション、水素ステーションの整備についても、関係機関やパートナー企業と協力しながら、積極的に取り組んでいく。

トヨタは今後も、「技術開発」「商品」「社会基盤の整備」といった、あらゆる方面で電動化の取り組みを加速させ、「持続的な社会の実現」と「お客様の笑顔」のための活動を進めていくとしている。

トヨタ プリウスPHV の関連編集記事

トヨタ プリウスPHVの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウスPHV の関連編集記事をもっと見る

トヨタ プリウスPHV の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!