日産 新型リーフは先代モデルから何が変わった?新旧比較

電気自動車で圧倒的なシェアを誇る日産リーフが、2017年10月にフルモデルチェンジを果たしました。

新型リーフには、新開発の40kWhリチウムイオンバッテリーが搭載され、航続可能距離が400km(JC08モード)に伸びました。価格(消費税込)は315万360円~399万600円。

エクステリアを見ると、リーフの特徴であった丸みのあるボディラインが新型モデルでは角ばった印象に。オートックワンのツイッターでユーザーの反応を調査すべく「新型リーフ、かっこいいと思う?思わない?」と質問してみたところ、1292票中、かっこいいと思う人が64%、思わないという人が36%とイメチェンは成功したようです。

デザイン大刷新の日産 新型リーフはかっこいい?かっこ悪い?みんなの本音を聞いてみた

今回は、デザインのどこが変化したのかを先代モデルと比較してみてみたいと思います。

>>新型リーフと先代リーフを画像で比較する

日産 リーフ新旧比較/エクステリア

エクステリアのデザインは、まるで別の車種!?と言わんばかりの変わりようです。

フロントにはエクストレイルなどの最新モデルと同様に、日産のデザインランゲージであるブーメラン型のランプシグニチャーや、Vモーショングリルが採用されています。

新型ルーフのボディカラーは、モノトーン8色、ツートーン6種の計14種をラインナップしています。

特にツートーンは、ルーフだけでなくピラーからルーフにかけて塗装が施されているのですが、これは日本仕様だけで、海外仕様ではルーフだけの塗装になります。

というのも、ピラー塗装は高い技術力が必要で、熟練の匠(たくみ)が1台1台手作業で仕上げているから。海外では対応できる技術者がいないということで、手先が器用な日本人ならではの仕様となりました。

また、深みのあるクリアーブルーのフラッシュサーフェイスグリルや、リアバンパーのブルーモールディングングなど、日産の電気自動車であることを表現したアクセントが散りばめられています。

フロントビュー

▼新型リーフ

▼先代リーフ

リアビュー

▼新型リーフ

▼先代リーフ

>>新型リーフと先代リーフを画像で比較する

日産 リーフ新旧比較/インテリア

インテリアの変化はどうでしょうか?新型リーフのキャビンは一新され、優れた空間性と機能性を両立させた日産ブランドモデル共通のインテリアデザインテーマであるグライディング・ウイングを採用しています。

シートやダッシュボード、ステアリングホイールには、日産の電気自動車であることを表現したブルーのステッチが施され、メーター内には7インチのフルカラー(TFT)ディスプレイを装備しています。

なお、ナビゲーションシステムには、Apple CarPlayとAndoroid Autoが追加搭載され機能性も向上させています。

▼新型リーフ

▼先代リーフ

日産 リーフ新旧比較/テクノロジー

新型リーフは、ドライバーの負担を軽減するさまざまな新技術を搭載しています。

・高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」

新型セレナや新型エクストレイルにも搭載されている「プロパイロット」は、高速道路の単一車線で、アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動的に制御します。

・プロパイロットパーキング

駐車開始から駐車完了まで、ステアリング/アクセル/ブレーキ/シフトチェンジ/パーキングブレーキのすべてを自動で制御します。

・e-Pedal(イーペダル)

新型ノートでも話題になったワンペダルドライブですが、新型リーフではさらに機能が追加され、新たに「e-Pedal」が搭載されました。

e-Pedalはアクセルペダルの操作だけで発進/加速/減速/停止までをコントロールすることができるというもので、アクセルペダルから足を離すと、回生ブレーキと摩擦ブレーキで自動的にクルマを減速し、さらに停車(ホールド)まで行ってくれます。

上り坂でも下り坂でも約30%勾配まで停止保持が可能です。

 

新型リーフを動画でチェック!

>>新型リーフと先代リーフを画像で比較する

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... Villaお伽噺

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 リーフの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 リーフのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 リーフの中古車検索 日産の記事一覧 日産 リーフの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 リーフのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる