autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース パイオニアが「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応した2Dフラッグシップナビを発表

自動車ニュース 2017/5/19 17:51

パイオニアが「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応した2Dフラッグシップナビを発表

タッチパネル搭載、2Dメインユニットの最高峰ナビゲーション【FH-9300DVS】

FH-9300DVS

パイオニアは、「Apple CarPlay」と「Android Auto」に対応したタッチパネル搭載ディスプレイオーディオ「FH-9300DVS」を6月中に発売します。【FH-9300DVS】は、iPhoneやAndroidスマートフォンと接続するだけで、「Apple CarPlay」や「Android Auto」をナビゲーションのディスプレイに表示して操作をすることが可能です。

また、ハイレゾ音源のダウンサンプリング再生や、フルHD画質の動画再生など幅広いファイルとフォーマットに対応しました。さらに、高音質パーツをふんだんに採用し、独自のノウハウに基づいた音質チューニングを施すことで、極めて高品質な音楽再生を実現するとともに、さまざまな音質調整と音場調整機能も搭載しています。

パイオニア 2Dナビゲーション【FH-9300DVS】の主な特徴

(1) iPhoneを車内で快適に操作できる「Apple CarPlay」に対応:「Apple CarPlay」に対応しており、「マップ」「電話」「メッセージ」「ミュージック」などの機能を車載機のディスプレイに表示し、タッチパネルやSiriによる音声で簡単に操作できます。

 (2) Androidスマートフォンを車内で快適に操作できる「Android Auto」に対応:「Android Auto」に対応しており、「Googleマップ」「電話/メッセージ」「音楽」など、ドライブに便利な機能を車載機のディスプレイに表示し、タッチパネルや音声認識機能で簡単に操作できます。

 (3) ハイレゾ音源やフルHD画質の動画など、幅広いファイル・フォーマットに対応:ハイレゾ音源のダウンサンプリング再生や、フルHD画質(1980×1080p)の動画再生など、ファイル・フォーマットへの対応力を強化しています。また、USBデバイスだけでなくポータブルHDDとの接続が可能になり、大容量の動画や音楽データを車室内に持ち込んで楽しむことができます。

 (4) 充実したオーディオ能力:「フルカスタム高性能48bitデュアルコアDSP」など、厳選された高音質パーツを搭載し、独自のノウハウに基づいた音質チューニングを施すことで、高音質再生を実現しています。さらに、車室内で最適な音場を創り出す「タイムアライメント」「ネットワークモード」や、音質を細かく調整できる「13バンドグラフィックイコライザー」などの機能を搭載しています。

 (5)その他の特長

・バックカメラ接続時にガイド線の表示が可能。

・高画質再生を実現する「ブリリアントフィニッシュパネル」を採用。

・専用リモコン付属。

・消費電力を0.1 W以下(通電、ソースオフ、ディスプレイオフ時)に抑えた省エネ設計。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR