日産、「GT-R NISMO」 2017年モデルをニュルブルクリンクで初公開

日産 GT-R NISMO 2017年モデル
日産 GT-R NISMO 2017年モデル日産 GT-R NISMO 2017年モデル

日産は、世界最長、最高の難易度を誇るサーキットのひとつとして知られるニュルブルクリンクで「日産 GT-R NISMO」2017年モデルを初公開した。

>>日産 GT-R NISMO 2017年モデルの写真を見る

「GT-R NISMO」2017年モデルは、標準モデルと同様にフロントエンドの新しいバンパーが特徴。高出力エンジンの冷却性能を向上させるために、開口部は空力性能を悪化させることなく拡大し、ダーククローム仕上げのVモーショングリルを配した。

また、フード剛性は大幅に強化すると共に超高速域での変形を抑制し、卓越した空力性能を実現した。

NISMOモデル専用のカーボンファイバー製フロントバンパーは、カーボンファイバーシートを幾層にも重ねて精巧に作り上げることで理想的な強度を実現し、カナード形状のデザインがもたらす空気の流れにより大きなダウンフォースを発生させると同時に、ホイールハウス周辺の空気を吸引することで空力性能をさらに向上させた。

これらの改良により「GT-R NISMO」のボディ形状はこれまでの日産車の中で最大のダウンフォースと、超高速域での優れた安定性を実現している。

日産 GT-R NISMO 2017年モデル
日産 GT-R NISMO 2017年モデル日産 GT-R NISMO 2017年モデル

新型「GT-R NISMO」2017年モデルは、より快適な乗り心地を提供する「GT-R」2017年モデルの刷新されたインテリアを踏襲しつつ、そのインテリアに大きな改良を加えた。

新デザインのダッシュボードの上層部、ステアリングホイール、センターアームレストには、高品質のアルカンターラレザーを使用。また、センターダッシュボードのレイアウトも刷新し、現行モデルでは27個あったナビゲーションやオーディオのスイッチを、2017年モデルではわずか11個にまで削減し、簡素化した。

また、8インチに拡大したタッチパネルモニターには、操作性に優れた大型のアイコンを採用。カーボンファイバー製のセンターコンソールに搭載された新しいディスプレーコマンドコントロールは、高速域における運転中でもモニターをタッチすることなく操作が可能となる。

シートは、赤のアルカンターラを中央部分に使用したレザー仕様のレカロ製カーボンバケットシートを採用した。

さらに、標準モデルのボディ剛性を大幅に向上したことで、「GT-R NISMO」の走行性能も向上している。スラロームタイムやコーナーリング性能が向上したことからも分かるように、より高いボディ剛性とダウンフォースが、超高速域まで含めたコーナーリング時の安定性の向上を可能にした。

また、ボディ剛性の向上により、ショックアブソーバー、スプリング、スタビライザーそれぞれのより突き詰めたセットアップを行うことで、接地性と走行性能が向上。「GT-R」が採用しているBilstein DampTronicは、複数の車両情報システムを活用することで、路面状況や走行条件に対して適切なサスペンションの減衰力と、様々なドライビングシーンに応じた高レベルのコントロールを可能にするモード設定型電子制御式のショックアブソーバーである。

日産 GT-R NISMO 2017年モデル

今回、そのショックアブソーバーに、NISMOモデル向けの特別なチューニングを施すことで、出力441kW(600PS)を誇る3.8リッターV6ツインターボエンジンのパワーを更にしっかりと路面に伝えることが可能となった。

「GT-R NISMO」のVR38DETTエンジンは、世界中のモータースポーツで培ってきたNISMOの経験と技術が生み出した。6速デュアルクラッチトランスミッションとともに、GT3選手権で使用する高流量、大口径のツインターボチャージャーを搭載するエンジンは、標準モデルと同様に、熟練した匠が専用のクリーンルームで一台一台精巧に組み立て、エンジンのフロント部分に取り付けられたアルミプレートには「匠」の名前が刻まれている。

新型「GT-R NISMO」は全体のバランスを更に向上し、コーナーの多い山道でも、サーキットでのレース走行と同じように力強い走りを楽しめるクルマへと深化を遂げている。

「GT-R NISMO」および「GT-R」のチーフ・プロダクト・スペシャリストの田村宏志氏は、「『日産 GT-R NISMO』 は、その名前の由来の中でも『R』 に重きを置いています。レース走行に特化することで、どのサーキットコースでも快適な乗り心地を実現し、最高レベルの興奮と喜びをドライバーに提供しています。新型『日産 GT-R NISMO』 は、『日産 GT-R』2017年モデルをベースに、パフォーマンスの向上だけでなく、よりバランスのとれた、全体的に高級感のあるマシンに仕上げました。これは、究極のドライビングプレジャーを常に追求した結果です」とコメントした。

「GT-R NISMO」2017年モデルは、5種類の外装色から選択可能。同車は栃木工場で、エンジンは横浜工場で組み立てを行う。

日産 GT-R NISMO 2017年モデル 主要諸元

全長x全幅x全高:4690 x 1895 x 1370(mm) / ホイールベース:2780mm / エンジン型式:VR38DETT / エンジン種類:V型6気筒DOHC / 総排気量:3.8L / 最高出力:441kW(600PS)/6,800rpm / 最大トルク:652N・m(66.5kgf・m)/3,600-5,600rpm

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 渓谷に佇む隠れ宿 峡泉
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 GT-Rの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 GT-Rのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 GT-Rの中古車検索 日産の記事一覧 日産 GT-Rの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 GT-Rのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる