三菱ふそう、ペルーで中・大型トラックの販売を開始

三菱ふそう 現地で開催した発表会の様

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、ダイムラー・トラック・アジア(DTA)として協業するDaimler India Commercial Vehicles Pvt. Ltd(DICV社)のオラガダム工場で生産したFUSOブランドの中・大型トラックの販売をペルーで開始した。

ペルーでの投入にあたり5月24日、首都リマで発表会を開催、中型トラック「FA」「FI」、そして大型トラック「FJ」を披露した。

アンデス山脈が縦走するペルーは起伏に富み、海抜4000メートル級の山岳地帯が数多くある。南北に長い国土を長距離輸送し、走行環境が過酷で険しい山岳地帯を登坂するトラックには高いエンジン・耐久性能が求められる。

新型ふそうのラインアップではエンジン性能、燃費、エアロダイナミクス、長距離輸送に最適な居住性、操作性などが高く評価されている。

MFTBC 取締役副社長兼セールス・カスタマーサービス本部長 ミヒャエル・カンパー氏は、「大型FJは2013年の販売開始以来、こうした最も厳しい要件を満たす車両として投入国ですでに認知されており、ペルーでも大規模輸送会社から新興企業まで幅広い顧客層から期待が高まっています」とコメントした。

ペルーの現地販売店MC Autos del Peru社社長のJorge Gonzalez氏はペルー市場への投入にあたり、「高い品質力や機能性と効率性に優れたデザインに加えて、十分な在庫を持つ補用部品、そして全国30カ所以上にある拠点で提供するカスタマーサービスに強みがあります。今回新たな車両を投入することで、現在のマーケットシェアを2桁までに拡大することを目指します」と抱負を述べた。

MFTBCは1980年代以来、ペルーに大・中・小型トラックと小型バスを投入して欧州ブランドを含めた商用車市場の中で最大のマーケットシェアを維持しており、特に小型トラック「キャンター」と小型バス「ローザ」はエンジン性能と車両の耐久性能で高く評価されている。

今回の新中・大型車両の導入により、ユーザーの選択肢を広げ、更なる販売拡大と新規顧客獲得を目指す。

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松川渓谷に佇む宿 信州山田温泉 山田館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる