autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ボルボ、2009年モデル第一弾を発表「V50」「S60」「C70」

自動車ニュース 2008/8/20 12:02

ボルボ、2009年モデル第一弾を発表「V50」「S60」「C70」

S60 Classic

ボルボは、「V50」「S60」「C70」の2009年モデルを、2008年8月20日から全国のボルボ・ディーラーで発売開始する。

■VSP(ボルボ・サービス・パスポート)

2009 年モデルのV50、S60、C70 シリーズに、新車登録時より3 年間、日本全国のボルボ・ディーラーで所定のサービスを受けることのできるサービスプログラム「VSP(ボルボ・サービス・パスポート)」を無償で付帯する。これまで約10万円(車種により金額は異なる)で販売していたが、今回3年間無償でサービスが受けられるよう、基本的な整備・部品交換をパッケージ化し、2009 年モデルに付帯した。コールセンターが年中無休・24 時間体制でサポートする「ボルボ・ロードサイド・アシスタンス・サービス」、距離無制限の一般保証制度「ボルボ・ワランティ」とあわせて、新車登録から3年間ボルボ車により安心してお乗りいただくことができる。

■ V50シリーズ「「SE」の装備を大幅に充実」

V50シリーズの「SE」グレードをラインナップの主力モデルと位置付け、大幅に装備を充実。助手席パワーシート、バイ・キセノンヘッドライトを標準装備したほか、スポーツウェアからインスピレーションを得たT-Tec/テキスタイルシートや、“Mestra”17インチアルミホイール、テールゲートハンドルにクロームトリムを採用した。

■ V50シリーズ「R-DESIGN パッケージ」を設定

V50シリーズの「2.4 i SE」「T5 TE AWD」には、メーカーオプションとして、エクステリア、インテリア、足回りなど10項目を超えるスポーティな装備をパッケージにした「R-DESGIN パッケージ」を設定した。

■ S60シリーズ「S60 Classicを設定」

スタイリッシュでモダンな4ドア・スポーツ・クーペ「S60」シリーズの2009年モデルに、上級装備・仕様を施した「S60 Classic」を新設定。チルトアップ機構付電動ガラスサンルーフやアクティブ・バイ・キセノンヘッドライト、専用スポーツレザーシート、アルミニウムベゼル付メーターパネル、プレミアムサウンド・オーディオシステムなどを標準装備。Classicの名に相応しく、熟成された1台に仕上げている。

■ C70シリーズ「新エンジンラインナップ」

3分割リトラクタブルハードトップを備えたカブリオレ「C70」シリーズの2009年モデルは、従来の2.4リッター140 馬力のエンジンに替え、新たに2.4リッター170馬力エンジンを搭載した「2.4i SE」をラインナップ。バイ・キセノンヘッドライト運転席・助手席パワーシート、ウッドパネル・ウッドロールトップ(ノルディック・ライトオーク)、ハイパフォーマンス・オーディオ、レインセンサーが標準装備となり、他のシリーズ同様、エンジン性能向上とともに商品力も大幅にアップしている。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR