autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 三菱、【デトロイトモーターショー】出品概要

自動車ニュース 2008/1/14 19:21

三菱、【デトロイトモーターショー】出品概要

 三菱と、同社の米国製造・販売会社である北米三菱自動車株式会社(MMNA: MITSUBISHI MOTORS NORTH AMERICA, Inc. 在米国カリフォルニア州サイプレス)は、米国デトロイトのコボ・センターで行われる北米国際自動車ショー(North American International Auto Show 通称デトロイトモーターショー)[一般公開は19日(土)から])で、車両運動統合制御システム「S-AWC」や、高効率トランスミッション「Twin Clutch SST」に加え、高出力、高効率の新開発クリーンディーゼルエンジンを搭載し、同社のクルマづくりの柱である「走る歓び」と「環境への貢献」を具現化したスポーツクーペのコンセプトカー『MITSUBISHI Concept-RA』を世界初披露した。

 さらに、昨年春から北米市場で販売を始めた『ランサー』(日本名:『ギャラン フォルティス』)に、2.4L MIVEC 4気筒 DOHCエンジン搭載車を追加設定するとともに、新開発の2L MIVEC 4気筒 DOHC ターボチャージャー付きエンジン[最高出力177kW(240PS)、最大トルク343Nm(35kgm)]を搭載した、2008年夏に発売予定の『ランサー ラリーアート』を発表した。

 また、昨年末に北米市場で発表した誰もが気持ちよく安心して「高い次元の走り」を楽しめる新世代ハイパフォーマンス4WDセダン『ランサーエボリューション』(日本名:『ランサーエボリューションX』と、昨年の東京モーターショーにも出品した、同車の特長技術である「意のままの操縦性と卓越した安定性」を実現する車両運動統合制御システムS-AWCのシャシーモデルや、S-AWCの効果が体感できる「S-AWCシアター」などを出展。さらに、三菱のクルマづくりの最重要テーマである「環境への貢献」に関しては、『MITSUBISHI Concept-RA』にも搭載し、低燃費、かつ米国の排出ガス規制「Tier2 Bin5」も視野においた次世代クリーンディーゼルエンジン、動力伝達効率に優れるTwin Clutch SSTに加え、三菱自動車独自の植物由来樹脂技術「グリーンプラスチック」などを出品した。

  

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR