日産フィガロ「生まれ変わったクラシックオープン」【車なご図鑑】

フィガロってこんなクルマ

【車なご図鑑】フィガロ
【車なご図鑑】フィガロ

日産「フィガロ」は先に紹介した「Be-1」「パオ」に続く、マーチベースのパイクカーとして1991年に誕生しました。しかしそのフォルムは先の2台とは大きく異なっており、2+2シーターのオープンモデルになっています。

オープンモデルとはいえフルオープンではなく、左右の窓枠が残り、ルーフとリアウィンドウのみが電動で格納される構造になっていました。

もはやマーチベースとは思えないほどに姿を変えたボディは、丸いライトと随所に光るクロームメッキのパーツ、楕円形のラジエーターグリルで、さながら1950~60年代のクラシックカーのような印象を受けます。

優雅さを放つオフホワイトのルーフは全ボディカラーに共通でした。ボディカラーには有名なエメラルドのほか、トパーズミスト、ラピスグレイ、ペールアクアが用意されていました。

販売台数は2万台限定とされ、国内に根強いファンがいた他、イギリスなどの海外にも輸出され好評を博したといわれます。

マーチベースのパイクカーシリーズの完結編として、最大級のインパクトとともに登場したフィガロ。

車なごの世界ではどのように描かれるのでしょうか。

フィガロ「車なご」キャラクター解説

【車なご図鑑】フィガロ

パイクカー3姉妹の末っ子、フィガロちゃん。前の2人はマーチをベースにコンパクトサイズの2ボックススタイル(オープンルーフモデルもあり)に設計されていましたが、このフィガロちゃんだけは、トランクルームのあるクーペスタイルでした。すべすべで丸く平べったいボディに、丸いライトとシルバーモールがかなりレトロでいい感じです。

狙いすぎなのではと思うほど可愛い要素満載のインテリアですが、特に注目していただきたいのがメーター!半球状のガラスとシルバーモールで加飾されたデザインは、3本スポークのステアリングと相まって、それはもう甘々なデザインを実現しています。

キャラクターデザインでは、そういった甘々な要素を取り入れるべく、ロリィタ系をモチーフにしてレトロ可愛いデザインにまとめて頂きました。車体と同じようなぽよんぽよんした丸いスカートが個人的にお気に入りです。

この子はたぶん自分を一番可愛く見せる方法を熟知しているんでしょうね。適度にあざとい要素を取り入れながら、自分の個性を出していける才能の持ち主なのではないでしょうか。アパレルショップの敏腕店長としての自信あふれるセリフも、そう考えると納得できます。

ちなみに、彼女が紅茶好きな理由、独特な注ぎ方でピンと来た方もいるかとは思いますが、某刑事ドラマの主人公の愛車という設定に基づいています。フィガロちゃんも、監督の皆さんのよき“相棒”としてレースに連れて行ってあげてください!

「車なごコレクション」とは?

車なごコレクション

今回紹介したキャラクターが登場する『車なごコレクション』は、実在する車を擬人化したスマートフォンアプリです。豪華声優陣が彩るフルボイスも要チェック!登場する車種は170種類以上!

車なごコレクション公式サイト

車なごは「クルマの擬人化」をテーマに、それぞれの車種が持つ歴史や販売当時のイメージ等を含めて、セリフやデザインを組み立てています。イラストとゲームだけでは語りきれないクルマの良さは、ご自身の目で見て、肌で感じて、クルマと車なごの両方を好きになっていただけたら嬉しいです。

▼車なごコレクションのダウンロードは以下からどうぞ!

AppStore  /Google play  / 楽天アプリ市場

▼前回記事はこちら

日産パオ「突き抜けたレトロデザインの2代目」【車なご図鑑】

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 金乃竹塔ノ澤

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

日産の最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産の中古車検索 日産の記事一覧 日産のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる