スバル、2017年にアイサイトを進化させた準「自動運転」搭載車を発売!

スバルは自動車専用道路の同一車線上において、レーンをキープする渋滞追従機能を搭載した準自動運転搭載車を2017年に発売すると発表した。

これは、アイサイトへすでに搭載されている「全車速追従機能」と「アクティブレーンキープ」(65km/h以上での車線維持)に加え、新たに低速域(0~65km/h)での車線維持を実現する追従機能を加えることで実現するもので、既存のアイサイトを進化させたシンプルなシステムになるという。

これまではアイサイトのカメラで白線を認識するためにある程度のスピードや距離が必要であったが、時速0kmの時や首都高のような急なカーブが存在する道路であっても白線を認識できるようにするという。

さらに、2020年には同じくアイサイトにミニマムなデバイスを加えることによって、自動車線変更やカーブ減速なども可能な高速道路自動運転(オートパイロット)を低価格で実現するとしている。これは、アイサイトへ新たにレーダーやデジタルマップを追加することで実現可能という。

同社では、アイサイトという既存のシステムを使うことでお客様の手の届く価格帯で自動運転を提供できるようにすることが使命とする。なお、搭載車種や価格については、現時点では検討中としている。

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

スバルの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバルの記事一覧 スバルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる